東京や関東近郊のレジャープール 2018!穴場&人気おすすめスポット7選!

7月、8月と言った夏の暑い季節は、やっぱりプールや海でリフレッシュしたいですよね。

そして、特に大型のレジャープールは巨大なスライダーや流れるプールなど、遊べる要素がたくさんあるので、お金は少しかかりますが楽しい時間が過ごせるのが魅力です。

また、東京や関東近郊にはたくさん面白いレジャープールがあり、カップルや友達同士、家族連れで行くとめちゃくちゃ盛り上がりますよ!

今回はそんな東京や関東近郊の穴場&人気レジャープールを7つ紹介していきますので、ぜひ今後のお出かけの参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

東京や関東近郊の穴場&人気レジャープールおすすめ7選!

① 日本最大級の人気レジャープール!「東京サマーランド」

「東京サマーランド」は、八王子にある日本最大級のレジャープールとして知られています。

ただ、場所が最寄り駅の近くには無い為、車以外だと少しアクセスが悪い所にありますが、その面白さはハンパ無くすごいです!

そして、全体の特徴としては5種類のプール8機のスライダーで構成されていて、 特に全高24mコース全長131m「DEKASLA」は、大迫力の人気スライダーとなっています。

「DEKASLA」は、四人以上のグループで一つのボートに乗り、傾斜47度の巨大なコースを滑走するスライダーで、そのスピード感と揺れにハラハラする事間違い無しです!

また、メインの650mの流れるプール日本最大級の長さを誇る為、人が多くてもそれほど気にならずに気持ちいい水遊びが楽しめるプールとなっています。

さらに、東京サマーランドのプールは屋内屋外2種類のプールに分かれている為、どんな天候でもプールが楽しめるのも魅力です。

例えば、あまり日に焼けたくない方は屋内プールで楽しむことも出来ますし、ガンガン日差しを浴びて大迫力のスライダーで楽しみたい方は外で存分に遊べます。

是非、カップルや友人同士、家族で日本最大級の「東京サマーランド」出かけて、夏の楽しい時間を過ごしてみて下さい。

東京サマーランドの詳細

期間
野外プール
7月1日~9月30日

営業時間
10:00~17:00
8月は9:00~20:30

休み
期間中無休

料金(フリーパス)
大人      3,500円
小学生     2,500円
2歳~未就学児 1,800円

アクセス

電車
JR中央線「八王子駅」から路線バスで約30分
JR秋川駅より路線バス約10分


中央道:八王子インターより約10km

場所(TEL 042-558-6511)

② 多様なスライダーが人気!「としまえんプール」

「としまえんプール」は、東京の練馬区にある「水と緑の遊園地」としても知られている大型レジャープールです。

そして、全体の内容は5種類の個性的なプールと様々なスライダーが集合した「ハイドロポリス」とで構成されています。

プールは「波のプール」「流れるプール」を中心に、 水深の浅い「子供用のプール」やアスレチックなどがあるプールなど、大人から子供まで楽しめるプールが揃ってるのが特徴です。

さらに、スピード感あるスリルが味わえるスライダーから、専用ボートに乗って二人で滑り降りるスライダーなど、個性的で面白い多様なスライダーが存分に楽しめますよ。

なので、カップルや友達同士、家族連れでも誰でも気軽に楽しむことができるレジャープールとなっています。

また、「としまえん」はプールだけで無く遊園地も楽しめるので、プールに飽きたら遊園地の乗り物で遊ぶ事も出来るのが魅力です。

そして、最寄り駅から徒歩1分とアクセスも非常にしやすい為、車が無い学生なども気軽に行けるので、是非、今年の夏は「としまえんプール」で思いっきり楽しんでみて下さい。

としまえんプールの詳細

期間
2018年6月30日(土)~9月2日(日)

営業時間
9:00~17:00
営業時間は日によって異なります。

休み
7月2日(月)~6日(金)
7月9日(月)~13日(金)は休みです。

料金
大人(中学生以上)  4,000円
子供(身長110cm以上)3,000円
子供(身長110cm未満)2,000円

アクセス
西武池袋線豊島園駅から徒歩1分

場所(TEL 03-3990-8800)

③ ナイトプールが半額以下!「よみうりランドプールWAI」

「よみうりランドプールWAI」は、東京都稲城市にあるレジャー施設「よみうりランド」内にある、大型レジャープールとして有名です。

また、全体の構成としては、5つの個性豊かなプールと2つの大型スライダーとで構成されています。

そして、プールは渚の感覚が味わえる「波のプール」をはじめ、定番の「流れるプール」や水深の浅い「子供用のプール」 はしっかりあるので、大人も子供も十分楽しめます。

さらに、水深5m の「ダイビングプール」や 本格的に泳げる「スイミングプール」など、好みに応じた水遊びが楽しめるプールが揃っているのも魅力です。

また、スライダーは四人乗りのゴムボートに乗って、全長386mもあるコースを滑走するスライダーや、個人で滑れるスライダーなど多様なスライダーが楽しめます。

ちなみに個人で滑るスライダーは、「直線」「スラローム」2種類があり、直線のスライダーは最大勾配が28°もあるのでスピード感あるスリルを存分に味わえますよ!

そして、「よみうりランドプールWAI」「ナイトプール」があり、 18時以降に入場すると昼間の半額以下でプールを楽しむ事ができます。

なので、 夜のライトアップされた綺麗なプールで、ゆっくりとプールデートを楽しむなら、ぜひ「よみうりランドプールWAI」のナイトプールに出かけてみて下さい。

よみうりランドプールWAIの詳細

期間
2018年6月30日(土)~9月7日(日)

営業時間
9:00~17:00
ナイトプール
 18:00~21:00

休み
期間中無休

料金(遊園地入場+プール)
大人        3,200円
中高生       2,500円
3歳~小学生    2,100円
シニア(65歳以上) 2,000円

ナイトプール(18:00~)(遊園地入場+プール)
大人        1,500円
中高生       1,000円
3歳~小学生    1,000円
シニア(65歳以上) 1,000円

アクセス
電車:京王よみうりランド駅を下車、
ゴンドラ「スカイシャトル」で5~10分

場所(TEL 0460-82-4126)

④ 東京で価格が安い穴場!「国営昭和記念公園レインボープール」

「国営昭和記念公園レインボープール」は、東京都立川市にある首都圏最大級の広い敷地の中に作られたレジャープールとなっています。

東京ドーム1.4倍というの広い敷地の中には、9つの個性的なプールがあり、定番の「流水プール」「波のプール」を中心に、子供が安心して楽しめるプールも揃っています。

さらに、 ウォータースライダーも距離の長いもの短いものなど四つのレーンが用意されていて、こちらも大人から子供まで安心して楽しめるようになっているのが特徴です。

また、広い公園内も自由に散策できるようになっているので、当日であれば何回でもプールから出ることもできます。

なので、 「国営昭和記念公園レインボープール」へ行くと、公園内でのサイクリングボート遊びなど、プール以外の遊びも楽しめるのが特徴となっています。

さらに、これだけ色々楽しめて料金も他のレジャープールよりも割安なので、東京にあるレジャープールの中ではかなり穴場的なスポットと言えます。

是非、カップルや友達同士、家族連れで出かけて楽しい夏の水遊びを楽しんでみて下さい。

国営昭和記念公園レインボープールの詳細

期間
2018年7月14日(土)~9月2日(日)

営業時間
7月14日(土)~8月19日(日) 9:30~18:30
※7月の平日は17:30まで

8月20日(月)~9月2日(日) 9:30~18:00

休み
期間中無休

料金
大人   2,500円
小中学生 1,400円
4歳以上 500円

アクセス
JR青梅線・西立川駅より徒歩2分

場所(TEL 042-528-1751)

⑤ 埼玉の穴場レジャープール!「東武スーパープール」

「東武スーパープール」は、埼玉県の東武動物公園内にある人気のレジャープールとなっています。

プールの全体的な内容は、定番の「流れるプール」や海のような波が押し寄せるプールと、野外プールでは最大級のキッズプールなどで構成されています。

そして、「流れるプール」全長300mもあるので、気持ちのいい水の流れに沿ってゆったりと泳ぐ事ができますし、「波のプール」はまるでリゾート地のような感覚を味わえます。

さらに、野外最大級のキッズプール「じゃぶじゃぶアドベンチャー」では、5分ごとに500Lの水が頭上に降り注ぐ「バケツスプラッシュ」など、面白いイベントが盛りだくさんです。

なので、特に小さい子供のいる家庭では、子供と一緒にとことん楽しい時間を過ごせますよ♪

また、「専用浮き輪」で岩間を滑る「急流すべり」や、全長75m・70m・60m(3レーン)からなるスライダーなど、迫力あるスリルが味わえる遊びも充実しています。

そして、これだけ楽しめる要素がたくさんあるにも関わらず、価格は2,000円台とリーズナブルなので、レジャープールとしては穴場的なスポットと言えます。

さらに、東武動物公園内には遊園地動物園なども入っているため、プール以外の遊びも楽しめる所も魅力です。

是非、関東近郊の面白いレジャープールを探しているならば、「東武スーパープール」へ出かけてみて下さい。

東武スーパープールの詳細

期間
2018年7月7日(土)・8日(日)14日(土)~16日(祝)
7月21日(土)~9月2日(日)・8日(土)・9日(日)

営業時間
9:30~17:00

料金

入園+プール入場
大人  2,400円
子供  1,100円
シニア 1,700円

ワンデーパス (入園+のりもの乗り放題+プール入場)
大人  4,800円
子供  3,700円
シニア 3,700円

アクセス
東武動物公園駅西口から徒歩10分

場所(TEL 0480-93-1200)

⑥ イベントが盛りだくさんの穴場!「西武園ゆうえんちプール」

「西武園ゆうえんちプール」は、埼玉県所沢市にある緑豊かなレジャープールとして知られています。

また、その名の通り「遊園地」の中にあるプールなので、 プールだけではなく遊園地の乗り物で楽しむ事ができるのも特徴です。

そして、プールの内容は全長500m「流れるプール」やリゾート気分が味わえる「波のプール」、水深の浅い「子供用のプール」もあるので、大人も子供も安心して楽しめます。

さらに、大小様々なタイプのスライダーが6レーンもあるので、自分の好みに合った迫力あるスライダーで何回でもスリルを味わう事が可能です。

また、それ以外にも高さが10m以上もある「ふわふわスライダー」と言った、ジャンボスライダーなども楽しめるので、大人も子供も心ゆくまで楽しい水遊びができます。

そして、「西武園ゆうえんち」ではビアガーデン花火大会といったイベントも定期的に行われているので、その日に合わせて行かれると一層楽しめます。

さらに、「西武園ゆうえんちプール」は、「ナイトプール」がある為、特に花火大会がある時はプールの中から綺麗な花火が鑑賞できるのでカップルはおすすめですよ♪

また、ナイトプールは価格が昼間よりも安くなる上、ライトアップされた綺麗な景色花火も見る事ができることを考えれば、こちらもかなりの穴場スポットと言えます。

是非、関東近郊に住んでる方は「西武園ゆうえんちプール」へ出かけて、多様なスライダーや花火大会を楽しんでみて下さい。

西武園ゆうえんちの詳細

期間
2018年7月7日(土)~9月9日(日)

営業時間
9:00~17:00

ナイトプール
7月14日(土)~9月9日(日) 9:00~21:00

花火大会
7月28日(土)・7月29日(日)
8月4日(土)・8月5日(日)・8月11日(土)・8月12日(日)

※打ち上げ時間19:45~

休み
7月11日・12日 9月5日・6日は定休日

ナイトプール定休日
7月17日~19日、23日~26日、9月5日~6日

料金(遊園地入場+プール)
大人(中学生以上) 2,500円
子供(3歳~小学生)1,400円
シニア       1,400円

ナイトプール(16:00~)(遊園地入場+プール)
大人(中学生以上) 2,200円
子供(3歳~小学生)1,200円
シニア       1,200円

アクセス
「西武遊園地駅」下車すぐ

場所(TEL 04-2922-1371)

⑦ 関東の絶景リゾートプール!「大磯ロングビーチ」

「大磯ロングビーチ」は、神奈川県大磯にある相模湾を眺める絶景が自慢のシーサイドレジャープールとして有名です。

そして、プールの内容としては定番の流れるプールを始め、「波のプール」や 水深の浅い「子供用のプール」も充実しています。

また、全長140mの迫力あるウォータースライダーも存分に楽しめるので、レジャープールならではのスリルある体験もすることが可能です。

さらに、飛び込み用のプールやジェット噴射機が気持ちいいジャグジーなども完備している為、絶景を眺めながら体を癒すと言った最高の時間も過ごせますよ。

そして、「大磯ロングビーチ」が目の前にある「大磯プリンスホテル」に宿泊すると、高額なプール料金が半額になります。

また、「大磯プリンスホテル」は高そうなイメージがありますが、価格は4,000円台からあるので、予算にあった宿泊プランが選べるようになってるのも特徴です。

なので、夏休みの旅行も兼ねて行かれる場合は、宿泊で行かれるとプール料金が半額になる為、お得にレジャープールを楽しめますよ。

是非、今年の夏は絶景の見れる「大磯ロングビーチ」で、 リゾート気分を味わいながら最高の夏を過ごしてみてはいかがでしょうか?

ただ、夏休みの時期は「大磯プリンスホテル」もすぐに予約でいっぱいになるので、行かれる場合は早めの予約をしておくことをお勧めします。

大磯プリンスホテルの予約状況や詳細を確認するならこちら!

大磯ロングビーチの詳細

期間
2018年7月7日(土)~9月17日(日)

営業時間
9:00~17:00

休み
期間中無休

料金(1日券)
大人      4,000円
中高生     2,800円
小学生・シニア 2,200円
幼児      1,000円(7月は無料)

大磯プリンスホテルに宿泊すると半額

アクセス
電車:東海道本線大磯駅から直通バス10分
車:東名高速厚木IC経由で小田原厚木道路大磯I.C.から2Km

場所(TEL 0463-61-7726)

暑い季節の悩み対策

海やプール用の日焼け止め2018!ウォータープルーフで肌荒れしないおすすめ5選!

肌が荒れない安全な日焼け止めクリーム4選!ノンケミカルで美肌をキープ♪

手汗のベタベタがすぐに解消!デートの手繋ぎや脇汗対策に効果抜群のクリームとは?

デオドラント人気5選!絶対「クサイ」と言わせないおすすめ品はどれ?

除毛クリーム人気おすすめベスト3!どんな剛毛も一瞬でツルツル!女性にも使える♪

暑い季節に役立つアイテム

浴衣はレンタルと購入どっちがお得?デメリットやメリットと格安サイトを紹介!

女性用の人気ブランド水着 2018!通販で買える格安でかわいいおすすめとは?

夏場の車で活躍する!おすすめ便利アイテム&グッズ7選!

赤ちゃんや子供の暑さ対策グッズ5選!野外ではこれがおすすめ!

海や川で使える!おもしろ&役立つおすすめ便利アイテム8選!

こちらの関連記事もどうぞ!

東京・千葉・埼玉の安いプール 2018!スライダーがある穴場スポット7選!

東京のビアガーデン 2018!おしゃれ&安い穴場な人気おすすめスポット10選!

東京や関東の肝試し2018!一番怖い心霊スポットはどこ?おすすめ10選!

関東で一番きれいな海はどこ?穴場&人気海水浴場10選とおすすめ宿泊施設を紹介!

神奈川の穴場&きれいで人気な海水浴場 2018!おすすめの宿泊施設も紹介!

千葉のきれいな海&穴場な海水浴場 2018!おすすめ人気宿泊施設も紹介!

終わりに

東京や関東近郊の大型レジャープールを紹介してきましたがいかがでしたか?

そして、東京や関東近郊は人口が多いだけに、やはりどこのレジャープールも夏休みに入った直後や、お盆の時期は大変混雑します。

なので、なるべく混雑を避けてプールを楽しむならば、平日の15時以降に行くとか「ナイトプール」に行くと比較的空いてることが多いです。

是非、 混雑を避けてプールを楽しんでみてください 。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする