天神祭花火2017の穴場&宿泊!おすすめ厳選スポットと見所は?

天神祭は日本三大祭として数えられていて、毎年全国から100万人以上の観客が訪れる事で有名です!

その歴史は古く、天暦5年(951年)から1000年以上も続いてる行事となっています。

そして、お祭りの見所は色々ありますが、特に有名で人気なのが天神祭奉納花火です!

祭り会場近くの大川沿いにある公園から、約4000発もの多彩な花火が打ち上げられ、お祭りのラストを飾ります!

今回は、そんな天神祭奉納花火がきれいに見れる穴場スポットや、周辺のおすすめ宿泊施設などを紹介したいと思います!

スポンサーリンク

天神祭りの見所とは?

実は天神祭り自体は、6月下旬から7月下旬までの約1ヶ月あります。

ただ、その中でも一番盛り上がる所が宵宮7月24日と本宮7月25日です

メイン行事のほとんどは25日に行なわれますので、24日は出店を楽しんだり、街のお祭りムードを楽しんだりすると言った感じになります。

また、25日のメイン行事は、船着場までの約4キロを3000人が練り歩く「陸渡御」(おかとぎょ)と、大川に多くの船が行き交う「船渡御」(ふなとぎょ)が主な見所です。

そして、一番のメインイベントである「奉納花火」がお祭りのラストを飾ります!

ただ、恐らくほとんどの人はメインの花火だけを見に行く方が多いと思いますが、動画にあるようなお祭りの行事を見ていると、やはり昔からの伝統をしっかりと受け継いでいて、何百年も前からこの風景は変わらないのだと認識できます。

また、行事を行う人達の熱気やエネルギーが物凄く充満していて、この一連の行事を見に行くだけでもパワーが得られそうな気がします。

なので、せっかくお祭りに行くのなら、出来れば昼間から一連の行事を見に行く事をおすすめします!(仕事のある方は無理ですが・・・)

行事の詳しい時間などはこちらの天神祭HPまで。

天神祭の日程や時間

2017年の日程
宵宮7月24日(月)
本宮7月25日(火)

花火の時間
19:00~21:00

打ち上げ予定数4000発

天神祭奉納花火の穴場スポットは?

天神祭奉納花火は、OPA前の公園造幣局前の公園2ヶ所から打ち上げられます。

そして、一番キレイに見える鑑賞スポットは、主に打ち上げが行われる造幣局側の公園とは逆側の桜ノ宮中央公園付近と、OAPタワー付近となっています。

有料観覧席も造幣局向かいの、桜ノ宮公園内に設けられています。

当然ですが、こちらはかなりの人気スポットなので、16:00までには行っておかないと場所を確保するのはかなり難しいと思います。

ただ、場所をちゃんと確保出来たなら、ここから見る花火が一番きれいです!

場所

そして、穴場と言われる場所はそれらからは少し離れた橋の上が主な鑑賞スポットとなっています。

① 源八橋

こちらはOPA前から打ち上げられる花火がキレイに見えます。
しかし、ここも今となってはよく知られたポイントなので人の数はかなり多いです。

ただ、花火のビューポイントとして優れた場所なので、OPA前の場所が確保できないなら行ってみる価値は十分あるかと思います!

場所

② 桜ノ宮橋

こちらはOPA前の花火も、造幣局前の花火も両方きれいに見えます!

ただ、こちらもよく知られている場所なので、やはり人の数は相当多いですが花火はキレイに見えるのでおすすめです!

こちらの動画は桜ノ宮橋で撮られたものです。


場所

③ 川崎橋付近

こちらは桜ノ宮橋よりも少し下にあり、若干遠い事もあって人もそれほど混雑しない穴場スポットです。

最寄り駅は「大坂城北詰駅」で、そこから歩いて川端橋を目指します。

川端橋自体は18:00~23:00まで通行止めになってしまいますので、花火はその前にある公園から見る形になります。

しかし、そこからでも造幣局前の花火はきれいに見えるのでおすすめです!

場所

天神祭奉納花火におすすめな宿泊施設は?

大阪在住の方は日帰りでお祭りを楽しめますが、やはり地方から行く場合はどうしても宿泊が必要になる場合があります。

そんな方の為に、天神祭を最大限に楽しめるおすすめ宿泊施設を紹介したいと思います!

① 帝国ホテル

帝国ホテル大阪
出典http://www.imperialhotel.co.jp/

帝国ホテルは、花火が打ち上げられるポイントの真ん前にあるホテルなので、宿泊ホテルの中ではダントツの景観を誇ります。

また、花火だけでは無く船渡御などのキレイな「夜景」も楽しめるので、天神祭を贅沢に楽しみたい方にはかなりおすすめのホテルです!

そして、宿泊以外にも花火を観覧しならがら食事の出来るプランなども用意されてるので、何かの記念日などに利用されると良いのではないでしょうか。

「帝国ホテル大阪」の詳しい情報を見てみる<楽天トラベル>

② 大阪リバーサイドホテル

大阪リバーサイドホテル
出典http://travel.rakuten.co.jp

大阪リバーサイドホテルは、帝国ホテルと同レベルの花火の景観を楽しむ事が出来るホテルです。

場所は桜ノ宮駅のすぐ側にあり、花火の打ち上げポイントから直線距離で約400mしか離れてないので、かなり迫力ある花火を楽しめます!

また、こちらも花火を見ながらディナーを楽しめるプランが用意されていて、しかも帝国ホテルよりもかなりリーズナブルなのでおすすめです!

「大阪リバーサイドホテル」の詳しい情報を見てみる<楽天トラベル>

③ 大阪キャッスルホテル

キャッスルホテル
出典https://www.jtb.co.jp/

大阪キャッスルホテルは、天満橋駅にあるホテルですのでアクセスは最高です!

また、花火も北側の窓からはバッチリ見えて、大川も目の前に流れてるので夜は幻想的な船渡御も観覧する事ができます!

そして、何より安いのが魅力です!

素泊まりなら3000円台から泊まれるので、こちらはなるべく安く泊りたい方はかなりおすすめです!

「大阪キャッスルホテル」の詳しい情報を見てみる<楽天トラベル>

こちらの関連記事もどうぞ!

PL花火大会2017車で行ける穴場スポット5選!日程や時間など!

猪名川花火大会2017!車の穴場スポットや日程と混雑状況など!

終わりに

天神祭は日本三大祭りと言われるだけあって、規模も内容もかなり濃いお祭りとなっています!

それだけに人もかなり多いのが特徴です。

花火の穴場スポットも、130万人もの人が集まるととても「穴場」とは言えない状況ですが、それでもメインの会場よりは、まだ場所は確保しやすいのではないでしょうか。

それ以外なら、やはりこちらで紹介した花火の見える宿泊施設に泊まられるか、ディナー席を予約されると落ち着いて見れると思います!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする