ダイエットや病気の予防に効果あり!コーヒーの効能って実はすごい!

こんにちは。

みなさん、コーヒーは好きですか?

普段何気なく飲んでるコーヒーって、実はすごい効能があったんですね!正直、驚きました!

コーヒーさえ毎日飲んでれば、ほとんどの病気の予防になるじゃん!って感じです。

今回はその驚きの効能について調べてみました。

スポンサーリンク

コーヒーは全てにおいての万能薬?

コーヒーに含まれる成分の中で、一番重要なのがポリフェノールです。

ポリフェノールは抗酸化作用が強く、がんや糖尿病、
動脈硬化などの予防に有効だという研究結果が
相次いで報告されています。

さらに、2型糖尿病や肝疾患(肝がん、肝硬変)の発症リスクがコーヒーの摂取により低減されるとの発表もあり、話題となっています。

ポリフェノールの主な効用は

・抗酸化作用
・抗菌性、抗ウイルス活性
・抗ガン作用
口臭抑制作用
ダイエット
血糖値を下げる
動脈硬化予防
頭痛・二日酔い

と言う感じになってます。

どうです?もう、これさえ飲んでればほとんどの病気を予防できると
思いませんか? w

ポリフェノールの効率いい取り方

ポリフェノールが一番多く含まれてる飲み物は赤ワインです。
次にコーヒーで、あとは緑茶となります。

なので、この3つの飲み物を効率よく摂るようにすれば
かなりの病気の予防になるんじゃ無いかと思います。

まず、
なるべく食事の時の飲み物をご飯系なら緑茶、

パンならコーヒーにしてはいかがでしょうか?

次に夜のお酒は赤ワイン。

と言いたい所ですが、
確かにポリフェノールが一番含まれてるのは赤ワインなのです。

しかし、アルコールが体に及ぼす作用もある為、純粋に健康に
ポリフェノールの効用を得たいなら、コーヒーと緑茶で得る方が身体的にも良いように思われます。

とは言え、
アルコールが身体に及ぼす影響なんて気にしない!と言う方は、ポリフェノールが一番多く含まれてる赤ワインをお楽しみくださいw

コーヒーはダイエットにいいの?

コーヒーがダイエットいいと言われる理由としては、
カフェインの作用が胃液の分泌を促進して、脂肪の分解を加速させると言われています。

さらに、血圧や脈拍をも高めて運動量を上げ、カロリー消費を促すのでダイエットにいいとされています。
例えば朝ランニングとかするのであれば、一杯コーヒーを飲んでから
出かけると、より効果が期待できそうですね。

ちなみに、
コーヒーはブラックで飲む方が効果が高いとされていますので、出来ればブラックで飲んでみてください。

あと、スランス人は全体的に油の多い食事を摂っている事が多いのに心疾患での死亡率が、他の国よりも低いらしいです。

その理由として、
仮説ですがフランスはコーヒーや赤ワインの消費量が他の国よりも多いので、ポリフェノールによる抗酸化力が寄与しているのではないかと言われています。

と言う事で、
いかがでしたか?
これからは健康の為にコーヒーを飲んでみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする