大川興業の大川豊総裁はどんな人?死亡事故やイラクのエピソード詳細!

現在の大川興業と言えば、江頭2:50さんが所属してる事で有名ですね!

かつての「大川興業」は1980年代~1990年代半ばくらいまで、バラエティ番組に引っ張りだこで大変な人気がありました。

大川総裁もこの頃はよくテレビに出演していて、毎日見ない日は無いくらいでした。

しかし、ここ数年はほぼテレビでは見かけなくなっていましたが、最近は「ワイドナショー」でコメンテイターとしてちょくちょく出演されてるようですね!

今日は、現在の大川興業の活動や大川豊総裁の伝説について紹介したいと思います!

スポンサーリンク

大川興業ってどんな会社?

大川興業は総裁の大川豊氏が、1983年に明治大学在学中に結成したお笑いパフォーマンス集団です。

総裁の大川豊氏は、大学在学中からセミプロとしてテレビや各方面で活躍していて、その後就職活動失敗を期に、1985年に資本金100万円で大川興業株式会社を設立しました。

その後、メンバーが入れ変わりつつ色んな活動を続け、大学サークル的だったものから徐々にプロ組織化していくことになります。

そう言った経緯で、1985年後半には芸能事務所の「太田プロダクション」に所属することになり、活動もテレビが中心で知名度も上がっていきます。

テレビでの芸としては、ダチョウ倶楽部さんと似たような感じの体を張ったものや、独自の学ランパフォーマンスが人気を博していました!

事務所独立からメンバー死亡事故

大川興業は、1988年頃に「大田プロダクション」を辞めて独立し、活躍の場をテレビから舞台へ移し、劇団的な活動に移行していきます。

順調に活動をしていくものの、商法改正により株式会社の最低資本金が1000万円と定められたため、資金不足により一時は解散危機に陥るものの、メンバーの出資などに助けられて何とか存続するなど、当時の経営はかなり苦しい状況にありました。

そんな中、さらに追い打ちをかけるような出来事が起きます。

1994年10月に埼玉県の「新座サティ」の公演中、木登りのパフォーマンスを行っていたメンバーの「ピグモン勝田」が転落して、意識不明の重体になってしまいます。

大川総裁は、事故直後マスコミなどの対応で涙ながらに「ピグモン勝田」無事を祈ってましたが、叶わずに翌日死亡が確認されます。享年29でした。

ピグモン勝田

出典drillspin.com

その後、予定にあった公演を中止する意向でしたが「ピグモン勝田」の父親が「舞台が一番の供養になる」と助言して、舞台公演は行われると言う感動のエピソードもあります。

大川興業の現在

そんな大川興業は現在もしっかりと活動しており、ニコニコ動画での配信や東京、名古屋、神戸などを中心に全国各地でライブパフォーマンスをやっています!

東京では2003年より下北沢ザ・スズナリでお笑いライブを行って人気を博しています!

テレビでは、主に江頭2:50さんや阿蘇山大噴火さんが活躍されていますね。

また、新人受け入れにも積極的でジャンルは問わず、とにかく「面白ければいい」「何かやりたいならやれ!」と言うスタンスで新人を受け入れていますw

なので、色んな芸能事務所に全部落とされて、それでも何か人前で表現したい!と言う方は、大川興業に行くととりあえず何かやれるキッカケにはなると思いますよw

ライブ情報や新人募集などの情報は、こちらの大川興業のHPを覗いてみて下さい!

大川興業総裁 大川豊ってどんな人?

大川興業に所属する芸人さんって、ちょっと変わった感じの人が多いと思いますw

江頭2:50さんを始め、阿蘇山大噴火さんや昔所属していたハウス加賀谷さんなど、ちょっとキャラのキツイ方が所属していますw

江頭2:50

出典matome.naver.jp

阿蘇山大噴火

出典gforum.jp

ハウス加賀谷

出典matome.naver.jp

そんな特徴のある芸人を採用する大川総裁ってどんな人なんでしょう?

大川総裁の伝説エピソード

大川総裁は1962年2月14日のバレンタイン生まれで、身長は163cmとわりと小柄です。

過激な言動やパフォーマンスが芸風なので、かなり破天荒な生活をしていると思われてましたが、最近テレビで実は結婚していて、すでに「孫もいるおじいちゃん」と知れて周りに驚かれていましたw

しかし、過去のエピソードはなかなかの破天荒ぶりを発揮しています!

まず大学在学中の就職活動で、153もの会社を受けて落ちたのですが、その落ちた理由がかなり破天荒です!

なんと、受けた会社は全て「自分が会社を面接し、選ぶ立場を貫いていた」と言うから驚きですw

例えば有名なダイエー対しては、面接時に土地を買い漁っていたダイエーに「土地の価値は崩壊するから商品の流通に力を注ぐよう」などと提言して、落ちてますw

その後も、受ける会社に対して毎回面接の段階で、その会社の企業的弱点を指摘し提案をしていたのですから受かる訳ないですねw

しかし、そんな大川総裁を「面白い」と受け入れていたら、ひょっとすると業績が一気に伸びたかも知れませんが、通常の会社ではそんな人はやはり採用しません。

そして、2001年に自由民主党総裁選をまねて、初の「大川興業総裁選」を実施した所、なんと江頭2:50さんが総裁に選ばれると言う珍事に見舞われた事もありますw

後の総裁選では見事に総裁に返り咲いていますが・・・

そして、大川総裁のエピソードで特に強烈なのが、伝説のバグダッドでのエピソードです!

大川総裁バグダッドで英雄になる

2003年に大川総裁はネタ探しの為、戦争前のバグダッドを訪れました。

その頃ちょうどイスラム諸国が集まる集会が、国際会議場で開かれていてたので、そこに大川総裁がビデオカメラを持って出かけて行ったのが事の始まりです!

現地の人から会議を撮ってと言われたので、何気なしにパフォーマンスとして応援団の振りで「フレー!フレー!イラク」と言っていたら、それを「フリーダム!フリーダム!イラク」と間違って解釈されて、それが国際会議場中に広がりエライ事になっていきました!

現地のイラク人は全員立ち上がり、大川総裁を「フリーダムファイター」と呼び、大川総裁の動きに合わせて歌や踊りのパフォーマンスで会場中が盛り上がります!

その時会場内は総勢3000人くらい居たみたいで、その全員が歌や踊りで騒ぎ出し、大川総裁も応援団の振り付けを途中で止められなくなり、その歌や踊りに答えるように振り付けをしていたようです。

その状態はおよそ1時間半くらい続いて、会場内はみんなトランス状態となり、もはや会議どころでは無くなったので司会の方が「これで会議を終了します」と言って会議は終了してしまいます。

その後、興奮した現地人が大川総裁の元に駆け寄ってきて、殴られるかと思いきや担ぎ上げられて、場内を行進して回ります!

担がれる大川総裁

出典youtube.com

そして、この日本人だけは「メソポタミアへ案内しろ」と言う事で、バスに乗せられて現地にある数々の遺跡へ連れられて行ったそうですw

おまけに、その会議の模様は現地のテレビでも放映されていて、大川総裁の誘導で会議場中が歌って踊ってる映像を見た現地の人が、「あのテレビに映ってた日本人に会わせろ」と言って泊まってたホテルまで会いに来たそうですw

大川総裁

出典youtube.com

異国の地でこんな風になるなんて、通常は考えられない事ですが、そこはやはり何か人とは違う感性と言うか、人を惹きつける魅力を持つ人なのかなぁ~と思いましたw

そして、この話には続きがあり、大川総裁がホテルで現地の人にもみくちゃにされてる時に、いきなり北朝鮮のピョンヤンから電話がかかってきました。

大川総裁が「誰?」と言うと、相手は「ジョンイル、ジョンイル」と言うので、一瞬ドキッとしましたが、完全に江頭2:50さんの声だったそうですw

あの時期に北朝鮮とバグダッド間で電話で話した日本人は、恐らくこの二人だけだったのでは無いでしょうかw

他にも、この二人は1999年に北朝鮮を訪れて、現地の人とサッカーをやったりしていますw

北朝鮮での記念撮影

出典youtube.com

江頭2:50さんの芸は、言葉を必要としないので外国ではけっこう人気があるそうです!

しかし、時々やり過ぎて海外の警察に捕まったりもしてるので、その辺の見極めがこれからの課題かも知れませんねw

そんな大川総裁のポリシーは「全世界の人を笑わす」と言う事なので、日本だけでなく今後もあらゆる国へでかけてワールドワイドな活躍が期待されます!

でも、くれぐれも命だけは落とさないようにして欲しいと思いますw

終わりに

個人的には大川興業のような活動はけっこう好きなので、もっとテレビとかでも見たいなぁと思います。

似たような番組として「電波少年」がありましたが、過激すぎて時代に合わなくなってしまったのでしょうね。

でも一回りして、そんな番組がまた流行るようになったら、大川興業主催の番組を是非みてみたいと思いませんか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする