ダンサー菅原小春がコレオグラファーになったキッカケはYouTube!?

アンドロイドのCMなどで話題のダンサー菅原小春さんをご存知ですか?

若干23歳ながら、すでに世界を股にかけて活躍してるコレオグラファー(振付師)でもあります。

そのダンスはコンテンポラリーアートのひとつでもあるフリースタイルのダンスで、とにかく動きがキレキレでカッコイイ!の一言に尽きます!

今日はそんな菅原小春さんについて書いてみました。

スポンサーリンク

プロフィール&ダンスを始めたきっかけは?

菅原小春菅原小春

生年月日 1992年2月14日
身長   170cm
血液型      A型
10歳からダンスを始め、中・高生の頃から数々のダンスコンテストで優勝し注目されます。(主にDANCE ATTACKやSHONEN CHAMPLEなど)

その後18歳でロサンゼルスにダンス留学して、そこで運命が一気に動き始めます!

菅原小春さんがダンスを始めたきっかけは、マイケルジャクソンのダンスに触発されたとか、特別誰かに影響されたものでは無く、「昔から家族や友達の前で踊って喜んで貰える事が好き」だったようです。

そう言うのを聞くと、もう天性のダンサーなんだなぁ~と思いますねw
そんな彼女のダンス映像です。

プロへのキッカケはYouTube!?

ダンス留学して独自のダンスを追及して行った菅原小春さん。

そんなある時、留学先の友人に「君の踊ってるビデオは無いのか?」と聞かれて、携帯で録画したダンスを見せたら「それYouTubeにアップしなよ!」と勧められるままアップすると、友人やその友達などがシェアして、瞬く間に広まって行ったそうです。

そうこうしてるうちに、facebookに韓国の2NE1や少女時代のエージェンシーから連絡が来たのがキッカケで、今の現状があるそうです。

今は昔のように、直接自分を売り込んで仕事を貰いに行くのでは無く、YouTubeやSNSなどのメディアで話題になり、それを見たクライアントがオファーして来る時代なんですね。

でも、それも実力があってこその事。
実力の無い人間がいくらアップした所で、結果は見えています。

そうやってキッカケを掴んだ菅原小春さんは次々と振付けやバックダンサーなどの仕事をこなして行きます。

主な振付けは倖田來未・2NE1・少女時代など。

バックダンスはSMAP・安室奈美恵・少女時代・Rihannaなどです。

それ以外にも、海外のダンススクールに「ワークショップ」として指導しに行ったり、一年の半分は海外で過ごされてるようです。

今後のダンスに対する思いと私生活について

菅原小春さんは母親がデザイナーで、父親がパタンナーと言う家庭環境で育ちました。

そのせいか、ご自身も服に対する思いもあるそうで、今後は

「たとえば服をみせるということと、ダンスを絡めたりとか、既成概念を覆すような斬新なコラボレーションをもっと探りたいですね。」
出典VOGUE JAPAN

と、言ってる通りファッションショーとダンスがコラボするような何か新しい形のダンスショーが今後、彼女の手によって生まれそうな気がします。

そして、菅原小春さんは私生活も充実しているようでアメブロでは付き合って3年になるノルウェー人の彼氏がいると書かれていました。

今は仕事が多忙すぎて、結婚はまだまだ先なのでは無いかな?
とは思いますが、行動力のある方なので電撃婚なんて事もあるかも知れないですねw

と言う事で、
今後も菅原小春さんから目が離せません!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする