和田アキ子のギャラは固定給で1億円!?歩合いにしない理由とは?

先日、テレビで和田アキ子さんの給料が固定給だと言うので、出演者が驚いていました。

給料は芸能事務所によって違うようで、元から固定給の所もあれば歩合の所もあるようです。

また、最初は固定給でも交渉しだいで歩合になったり、その人の活躍の度合いによっても変化するようですね。

しかし、和田アキ子さんのようないわゆる大物芸能人ともなると、完全に歩合だと誰もが思っていただけに、多少の驚きがありました。

ただ、そこにはやはり色んな事情があるようなので、今日はそんな和田アキ子さんの給料事情について紹介したいと思います!

スポンサーリンク

和田アキ子のギャラは固定給で1億円!?

現在、和田アキ子さんの推定年収はおよそ1億円と言われています。

和田アキ子
出典http://www.officiallyjd.com/

その根拠は、以前に和田アキ子さんが「ホリプロ所属じゃ無かったらビルが10棟は建っている」と語っていた事から、そう推測されているようです。

しかし、ビルにも色んなビルがあるので、本当はもっと多いかも知れませんし、少ないかも知れません。

ただ、少なくても一億円くらいの年収はあってもおかしくないと言う事です。

そして、和田アキ子さんが所属しているホリプロは、基本、全員固定給です。

ただ、伊集院光さんなどはホリプロ所属でも歩合制なので、やはり人によっては歩合もあるようですね。

なので、探せばまだまだホリプロでも歩合制のタレントはいるかも知れません。

ホリプロの給料体制

そして、ホリプロの給料がどのようにして決まるのかは分かりませんが、現在若手で活躍してる小島瑠璃子さんの年収が250万と言われています。

小島瑠璃子
出典YouTube.com

あれだけテレビに引っ張りだこで、写真集やDVDもそこそこ売れてるタレントにしては安すぎると話題になりました。

普通、あれだけの露出があれば、月収で250万くらいあってもおかしくないレベルだと思います。

それが、年収とは正直一般人にはよくわから無い世界ですw

ただ、浮き沈みの激しい芸能界では、タレントの事務所移動などはよく行われるそうですが、ホリプロは固定給のせいか、タレントの移動はほとんど無いそうです。

その理由としては、例えば小島瑠璃子さんは、今現在は人気があって需要がたくさんあり、テレビでも引っ張りだこの状態です。

恐らくこのまま数年は、何もなければこの状態が続くと思います。

そして、数年後には今よりも実力をつけてもっと活躍してるかも知れませんし、何かスキャンダルが起きてダメになるかも知れません。

活躍してれば、それに応じて給料も上がるでしょうし、例えダメになったとしてもそれ相当の給料は支払われるので、事務所を辞める必要が無いと言う事です。

そう思うと、今活躍してる分のお金を貰ってダメになった時に0円か、今は少ないけどダメになった時も安定した給料を貰うかの差なのだと思います。

ただ、今ホリプロで一番稼いでると思われる綾瀬はるかさんで、年収はおよそ4億円と言われています。

綾瀬はるか
出典https://matome.naver.jp/

なので、小島瑠璃子さんも、綾瀬はるかさん並みに安定した活躍をすれば、それくらいの収入になると言う事です。

やはり、芸能界は夢がありますねw

和田アキ子が歩合にしない理由とは?

基本、ホリプロは給料制と言う事ですが、歩合のタレントもいる事から交渉次第では歩合にも出来ると思います。

恐らく和田アキ子さんが歩合にしてたら、相当な金額が入ったはずです。

以前、和田アキ子さんが島田紳助さんとギャラの見せ合いをした際、和田アキ子さんのギャラは島田紳助さんが予測した20分の1だったそうです。

島田紳助さんほどの情報通が予測した金額が、本来正規で貰える歩合のギャラなのだと思います。

その20分の1しか貰って無いとすると、やはり歩合のギャラだったら相当な金額が入っていたと思われます。

ただ、現在の和田アキ子さんの状況を考えると、固定給で良かったのでは無いかと思います。

と言うのも、昔はともかく今は歌手としての収入はほぼ無いでしょうし、主なレギュラーは「アッコにおまかせ」と「ラジオ番組」くらいです。

これで年収一億はどう考えても無理でしょう。

今の状況で歩合になったら、大幅に年収は下がるのが目に見えています。

しかし、ホリプロの固定給のお陰で、大した仕事が無くても安定した給料が貰えると言うわけです。

恐らく固定給の金額も、昔の貢献度を考慮したものと思われるので、和田アキ子さんのように長年貢献されてる方には、破格の給料が支払われてるのだと思います!

こう言う事を見越して、和田アキ子さんは歩合にしなかったのかも知れません。

とにかくホリプロの固定給と言うのは、一見活躍してるタレントの給料をせしめてるように見えますが、実はタレントさんの事をよく考えた素晴らしいシステムなのだと思います。

終わりに

実力主義で一攫千金のイメージが強い芸能界で、こうした安定した給料制みたいなのがあるのは意外でしたが、先のことを考えると固定給でもアリですね。

例えこの先にダメになっても、安定した給料が貰えるなら、現在の給料が少なくても我慢できるのもうなずけます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする