武田鉄矢の性格や娘2人は結婚した?親兄弟や嫁はどんな人?

現在、俳優やバラエティ番組などで大活躍している武田鉄矢さん。

金八先生を始め、数々のヒットドラマに出演して不動の人気を得ています!

また、海援隊としての歌手活動で「贈る言葉」などのヒット曲も持っていて、かなりマルチな才能を持った方だと思います。

そんな武田鉄矢さんのプライベートはどんな感じなのでしょう。

両親や兄弟もすごい人なのでしょうか?

また、結婚した嫁の事や子供は現在結婚しているのでしょうか?

ちょっと気になったので調べてみました!

スポンサーリンク

武田鉄矢とは?

武田鉄矢
出典http://www.huffingtonpost.jp/

プロフィール

生年月日 1949年4月11日
出身地  福岡県福岡市
身長   165cm
血液型  O型

略歴

1972年 海援隊でデビュー。
1973年 「母に捧げるバラード」がヒットし第25回NHK紅白歌合戦に出場
1977年 映画『幸福の黄色いハンカチ』で第2回報知映画賞新人賞を獲得
1979年 ドラマ『3年B組金八先生』が大ヒット。主題歌の「贈る言葉」もヒットする
1982年 海援隊解散
1982年 『刑事物語』で主演を務める
1991年 ドラマ『101回目のプロポーズ』が大ヒットする
1994年 海援隊の活動を再開する
その他出演番組多数

武田鉄矢の両親や兄弟、嫁はどんな人?

武田鉄矢さんの両親は、共に熊本県出身でしたが福岡県で結婚しました。

武田鉄矢の両親
出典http://new22nozawa.cocolog-nifty.com/blog/2014/11/post-a1ae.html

母親の武田イクさんは、結婚当時すでに家族は他界していて天涯孤独の身だったので、父親の嘉元さんが婿養子と言う形で結婚することになりました。

婿に入った理由としては、母親の家系は平安時代末から続く戦国時代の武家でもある「武田氏」の末裔と言われていて、その家系を絶やさない為に父親が婿養子となったと思われます。

そして、両親は福岡県に居を構えて5人の子供を育てました。

武田鉄矢さんは末っ子で、一番上に12歳年上の長男と真ん中に3人の姉がいるようです。

3人の姉は、長女ミヤ、次女アサ子、三女スミヨと言う名前までは分かりますが、他の詳しい事は分かっていません。

しかし、長男の事は色々語られています。

武田鉄矢さんにとって12歳年の離れた兄は、ほとんど他人のような存在で、話し言葉も常に敬語で話し、一緒に遊んだ記憶も一切無いそうです。

そして、早稲田大学を卒業した兄は地元の広告代理店に就職するなど、エリートコースを歩んでいました。

そんな兄を母親のイクさんは誇りに思っていたようで、当時は兄ばかりをかわいがり武田鉄矢さんはそんな兄に嫉妬していたと言います。

しかし、武田鉄矢さんが海援隊でデビューして有名人になっていくと、その立場が逆転し始めます。

弟の活躍に焦ったのか、兄は広告代理店を辞めて独立するも失敗に終わり、その後もことごとく事業に失敗し、多額の借金を背負うハメになります。

さらに、武田鉄矢さんの名前を使って借金をしたり、実家を担保にお金を借りたりと、数々のトラブルを引き起こしました。

しかし、結局母親のイクさんが兄の面倒を見る事で落ち着き、さらに武田鉄矢さんの母として有名になったイクさんの、テレビ出演や公演などを取り仕切るマネージャーとなりました。

ただ、1998年に母親のイクさんが肺動脈血栓のため78歳で亡くなると、マネージャーの職も失い兄は再び荒れた生活に戻ってしまいました。

母親の遺産は自分が相続する物と思い込んでいたようですが、実家の権利などは全て武田鉄矢さんの姉が相続したようです。

母親のイクさんも、兄が遺産を引き継ぐととんでも無い事になると分かっていたのでしょう。

あてが外れた兄は、その後昼間から酒を飲むような荒れた生活を送り、やがて母親の3回忌の前に食道がんを患います。

武田鉄矢さんと兄はこの時すでに疎遠でしたが、2005年の冬に義理の姉から連絡が入り、兄の命がもう長くない事を知って博多まで会いに行く事になりました。

病院のベッドで横たわっていた兄は別人のようにやせ細っていましたが、武田鉄矢さんが見舞うと嬉しそうに迎え入れて元気に振る舞ったそうです。

しかし、その見舞いの2ヶ月後兄は68才で他界しました。

また、武田鉄矢さんの父親は1983年の暮れにがんで他界しています。

父親も兄と同じく酒癖が悪かったようなので、がんの原因も恐らくお酒によるものだと思われます。

そして、武田鉄矢さんの奥さんは「武田節子」さんです。

武田節子さんは旧姓山田で、もともとは武田鉄矢さんのファンだったようです。

1974年10月に結婚していますので、恐らく海援隊で活動し始めた頃に知り合い、数年の交際を経て結婚したと思われます。

ただ、この頃「母に捧げるバラード」がヒットしたものの、その後が続かず翌年の年末は夫婦で皿洗いのバイトをしていたと言いますので、かなりの苦労を共にしている方です。

そして、この時期少し弱気になった武田鉄矢さんは、一旦辞めて地元帰ろうと節子さんに言いますが、節子さんはそれを聞き入れず武田鉄矢さんを励まし続けました。

こういった支えがあったからこそ、今の武田鉄矢さんがあるのだと思います。

しかし、その後そんな親身になって支えた節子さんを裏切り、武田鉄矢さんは浮気をしてしまいます。

あくまでも浮気だった為、この時は土下座して謝って許してもらえたそうですが、それからは夫婦の立場が逆転してしまったそうです。

まぁ、自業自得ですね・・・。

武田鉄矢の2人の娘は結婚している?

その後、武田鉄矢さんと節子さんの間に2人の娘が生まれています。

2人の娘は芸能界の道へは進まず、一般人として普通に会社へ勤めているそうです。

会社勤めした際は、給料の3分の1は実家に入れていたと言う事なので、かなり両親想いでキッチリとした性格の娘さんに育っています。

また、娘がいつ生まれたのかなどの詳しい情報は出ていませんが、結婚して1、2年で生まれているとしたら長女は現在40歳くらいで、次女は3歳下と言う事なので30代後半と言う事になります。

そして、娘が結婚しているかどうかですが、2011年に武田鉄矢さんが心臓の手術をして入院生活を送っていた時に、奥さんだけで無く娘2人も世話をしていたと言う事なので、2011年の時点では結婚していなかったのでは?と思います。

また、武田鉄矢さんに孫が生まれたとか、孫がいると言う話も一切聞いたことがないので、少なくとも2人の娘に子供がいないのは確実ではないでしょうか。

ただ、子供がいなくても結婚している可能性はありますが、現在どこを調べてもそんな情報は一切出ていませんので詳細は分らないのが現状です。

しかし、バラエティー番組などに頻繁に出演している武田鉄矢さんは、娘が結婚したり孫が生まれたりするような出来事があれば、必ず何かコメントすると思いますが、今まで一度も語られていないと言う事は、まだ結婚していないとも考えられます。

この辺の事は、また何か情報が出てくれば追記したいと思います。

武田鉄矢の性格は?

武田鉄矢さんは金八先生などの数々のヒット作に恵まれ、国民的な支持を得ている反面、同じ立場の役者や共演者からは結構嫌われているみたいですね。

調べると、色んな芸能人の方が実際に名指しで「嫌い」と公言しているようです。

例えば、福山雅治さんはNHKのドラマ『龍馬伝』で武田鉄矢さんと共演した際、ことごとく坂本龍馬の立ち振舞いについて、口うるさく指示したとして嫌われています。

また、『101回目のプロポーズ』で共演した江口洋介さんにも上から目線であれこれ指示して嫌われたと言います。

他にも、共演者だけで無く一般人が「一緒に写真を撮って下さい」と求めた時には、「あんたと私は赤の他人、何で一緒に撮らないといけないのか」と拒否したそうです。

さらに、釣り堀で見かけたファンが握手を求めた際は「プライベートだから」と一旦拒否したものの、疑似餌の取り付けに戸惑ってる武田鉄矢さんを助けた所、急に態度を軟化させサインまで書いてくれたそうです。

なので、武田鉄矢さんと握手したりサインを貰いたいなら、何か武田鉄矢さんの助けになる事をしないと貰えないようですね・・・。

ただ、福山雅治さんや江口洋介さんに嫌われてると言うのは自分でも自覚していて、自ら「嫌われてる」とTVで公言しています。

なので、恐らくこうすると「嫌われる」と分かってやっているので、自分でもどうしようも無い部分なのだと思います。

悪い方では無いと思いますが、性格的に「難がある」のは間違いないでしょう。

ただ、そう言った嫌われる性格も含めて「武田鉄矢」と言う風に考えれば、面白い個性のある人物だと捉える事もできると思います。

また、役者としても歌手としても実力的には一流の方ですので、今後も引き続き国民的なスターとして活躍して欲しいと願います!

終わりに

昔の方はわりと兄弟が多いですが、武田鉄矢さんも5人兄弟とわりと多めの家族でした。

そして、兄がトラブルメーカーで色々確執もあり、全てにおいて順調では無かったのにも驚きました。

また、金八先生やバラエティーなどのイメージで、ものすごく謙虚で親近感のあるような方なのかと思いきや、実は偉そうでファンサービスなどしない性格だったのにも驚きました。

しかし、それでもこうして芸能界で生き残っていると言う事は、やはり人を惹きつける魅力があるからだと思うので、今後も武田鉄矢さんの活動には注目したいと思います!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする