球速世界2位マイケル・コペックとチャップマン170キロ出すのはどっち?

現在、世界最速としてギネスに登録されてるのはアロルディス・チャップマン投手の投げた169キロです。

この記録は2010年に出されたもので、それ以来まだ誰も170キロの大台に到達した選手はいません。

人間が出せる球速と言うのはこの記録で頭打ちなのかな?と思っていると、2016年にチャップマン投手よりも若いマイケル・コペック投手が、球速世界2位となる168キロを出して話題になりました。

今日はチャップマン投手とマイケル・コペック投手の、どちらが先に170キロを出せるのかを探ってみたいと思います!

スポンサーリンク

球速世界2位マイケル・コペックとはどんな投手?

マイケル・コペック

マイケル・コペック

出典http://buffaloesmatome.blomaga.jp

プロフィール

生年月日 1996年4月30日
身長   190cm
体重   92kg
利き腕  右利き

マイケル・コペック投手は、2014年のドラフトで全体の33位でレッドソックスに入団して、現在は1Aセーラムに所属しています。

高校生の時から速球が注目されてましたが、それでもMAX157キロくらいが最高でした。

もちろん高校生で157キロ出せたら十分速い部類に入りますし、スカウトされて当然です。

そんなマイケル・コペック投手がプロへ入り、1Aセーラムに所属してトレーニングを積むとメキメキ実力を伸ばします。

そして、2016年7月の試合で105マイル(168キロ)を記録して周囲を驚かせました。

そんなマイケル・コペック投手の投球がこちらです!

当たり前ですが、世界最速のチャップマン投手と比べてもほぼ変わらない球速ですねw

めちゃくちゃ速い!

これでまだ20才そこそこですから、今後はかなり期待出来ると思います!

しかし、マイケル・コペック投手にはちょっと危うい所があって、野球以外の所でかなり心配な面があります。

と言うのも、2015年に薬物の使用が発覚して50試合の出場停止を食らっています。

若さゆえの過ちだとは思いますが、こう言った才能ある選手が薬物で潰れてしまうのは非常に勿体無いです。

もう、更生してるとは思いますが、一度薬物の味を覚えるとなかなか抜け出せないと言いますから、忘れた頃にまた発覚なんて事もあるかも知れません。

マイケル・コペック投手には、出来ればこのまま何も無く順調に伸びて欲しいと思います!

チャップマンとコペックはどちらが先に170キロを出す?

そして、2017年から再びヤンキースと5年契約をしたアロルディス・チャップマン投手。

170キロを出すとしたら、ここ1、2年が勝負所ではないかと思います。

筋力的にも30才を超えたらそろそろ下降して行くと思うので、20代である今年か来年くらいまでには170キロを出したい所です。

とは言え、チャップマン投手が169キロを出したのは2010年の22才の時ですから、それ以後は平均速度は160キロを超えてるものの、球速は167キロ前後です。

そう思うと、チャップマン投手の球速の限界はやはり169キロだったのかな?と言う見方もできます。

もちろんこれから投球フォームの改良とかで、まだ球速が伸びる可能性もありますから可能性はゼロではありません。

しかし、今のところは若いマイケル・コペック投手の方が、先に170キロに到達する可能性が高いのでは無いでしょうか。

どちらにしても、ここ1、2年で再び世界最速記録が更新される気がします!

この二人以外にも優れた投手はたくさんいるので、誰が出すにしろ次に世界最速が報じられるのは170キロです!

関連記事

世界最速ピッチャーはチャップマン!日本人最速大谷翔平との違いは?

世界一の奪三振王ノーラン・ライアン!驚くべき決め球と現在は何してる?

女子世界最速ピッチャーはサラ・ハデク!その驚きの球速と日本人最速は?

ホームラン飛距離世界一は何メートル?日本人の最高は誰?

終わりに

一昔前に比べたら、現在の169キロもある意味あり得ない球速です!

一般人からすれば150キロでも十分過ぎるスピードボールなのに、そんな球を投げたり打ったりと、プロ野球選手って本当にすごい人達だと思います。

今後もプロ野球からは目が離せません!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする