夏場に多くなる抜け毛!ハゲない為に出来る3つの事!

夏場になると抜け毛が多くなる気がしませんか?

私はけっこう抜け毛が増えると感じています。

毎年毎年、こんなに抜けてヤバイんじゃ無いかといつもヒヤヒヤしています。

20代の頃に比べるとかなり全体量は減ったなぁと思いますが、なんとかギリギリまだ持ちこたえてる状態です・・・

しかし、そろそろ何か対策しないと2、3年後はどうなってるのか分からないので、夏場の抜け毛について調べてみました。

スポンサーリンク

夏に抜け毛が増えるのは自然な事!?

動物は夏になると毛が抜け落ち、冬になると多くなるそうです。

そう言えば、身近なイヌやネコも夏場は毛が多く抜けますね。

人間の祖先は猿だとされていますが、そのサルも夏場は夏毛になり冬場は寒さに備えて増毛するそうです。

なので、人間もこれと同じように夏は毛が減り、冬は増えるのが当たり前だと言われています。

そのしくみとしては、自律神経の働きだとされています。

冬は寒さから身を守るために、寒さを感じた自律神経が「身を守れ!」と指令を出し、夏は暑さから身を守る為に最善の状態へと身体を変化させます。

これは動物にとってはごく自然な事なので、夏場にやたらと抜け毛が増えてもあまり気にしない方がいいです。

気にするとそれがストレスとなり、また違う抜け毛の原因となってしまいます。

しかし、これはあくまでも「自然な夏場の抜け毛」の場合です。

夏は気温以外にも抜け毛の原因となる要素があるので、
次はその原因と対策を考えたいと思います。

①頭皮への紫外線が抜け毛の原因!?

夏といえば強烈な紫外線です。

長時間浴び続けると、切れ毛や弱毛の原因となります。

そして一番被害が多い部分は頭頂部です。

頭頂部の毛が少ない方や短めに毛を刈ってる人は、頭皮に直接紫外線を浴びる事になるので要注意です。

紫外線を直接頭皮に長時間浴びると、かなりのダメージになります。

ですので、野外へ出る機会の多い方は帽子などで覆って頭皮をなるべく守るようにして下さい。

仕事などで帽子が被れない方は、頭皮や髪の毛にスプレーして紫外線から守ってくれる「UVプロテクトスプレー」と言う便利な商品が売られていますので、そちらを使う事も検討してみて下さい。

特にこちらは安価で髪に使うには適していると評判の商品です!

コーセー サンカット UVプロテクトスプレー 50g

②頭皮の雑菌が抜け毛の原因!?

汗でベトベトになった髪を、そのままにしておく人はそう居ないと思いますが、もしそういう行為が常時行なわれているとしたら、それが抜け毛の原因となります。

その理由は、夏は紫外線から頭皮を守る為に皮脂が多く分泌されます。

その皮脂をエサとする皮膚常在菌と言う雑菌が頭皮に繁殖して抜け毛の増加を招くとされています。

対策としては、出来れば髪は毎日洗うようにして、特に汗をたくさんかいた日は、必ず洗髪するよう心がけましょう。

ただ、必要以上に皮脂を落とさないようにする事にも注意してください。

必要以上に皮脂を落としてしまうと、さらに皮脂の分泌が増えてしまうので、あまりゴシゴシと洗うのでは無く、優しく雑菌を洗い流す程度の洗髪でOKです。

③ 夏は海!けれど、髪にとっては抜け毛の原因!?

夏といえば海水浴ですね!

しかし、海水が髪に悪いという事はあまり知られていない気がします。

まず、海水浴に行った後とか髪がパサパサになっていませんか?

それは海水で髪の水分が失われてしまうのが、原因の一つとされています。

塩は水分を奪う性質があるので、よく野菜に塩をかけてやわらかくしますが、それは野菜の水分を塩が吸収する為です。

それと同じように、髪の水分を海水の塩が奪ってしまう為に、パサパサになって痛んでしまうと思われます。

それ以外にも、海水は弱アルカリ性だとされています。

髪を作る「ケラチン」と言うタンパク質は、アルカリ値が10を超えると溶けてしまうそうです。

海水のアルカリ値は8~9とされているので、場所によってはケラチンが徐々に溶けててしまう可能性があるのです。

と、言う事で

海水浴は髪にとっては、かなりリスクのある余暇になります。
とは言え、夏は海に行きたいものですよね。

なので、海に行ってもなるべく頭は海水に浸けないような過ごし方をすればいいのでは無いかなと、思われますがいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする