若い女性の薄毛は治るって知ってました?その方法と対策について!

最近、女性の薄毛が急増してると話題になってます。

男性の薄毛は男性ホルモンの影響で元々抜けやすいものですが、女性の薄毛は男性の薄毛とはタイプが違うので、正しい認識が必要です。

原因も男性の物とは違う視点から考える必要があるので、今日はそんな女性の薄毛対策についての情報をお届けしたいと思います!

スポンサーリンク

薄毛になる原因を理解して、しっかり対策すれば治ります

男性の薄毛と女性の薄毛は違うものですので、区別する為に女性の薄毛は「女性型脱毛症」と呼ばれています。

「女性型脱毛症」の特長は、男性型とは違い生え際が後退するような抜け方では無く、髪全体が細く弱って行くような抜け方が特徴です。

特に前頭部を中心に髪が細く弱って行き、それに伴って髪全体のハリやコシも無くなると言う感じです。

そして、それらの理由により髪密度が低下してだんだん地肌が露出するようになっていきます。

原因はいくつかあるので見て行きましょう。

女性が薄毛になる原因5つ

加齢によるホルモンの乱れ

一番多い薄毛の原因は加齢です。

加齢により、女性ホルモンの分泌量は減少していきますので 、髪の成長と深い関わりを持つエストロゲンは女性ホルモンにあるため、それが不足してしまうと髪が痩せたり抜けたりしてしまいます。

出産によるホルモンの乱れ

妊娠中はエストロゲンが減少します。 しかし、出産が終わるとまた元に戻ろうとするので、この時に急激にエストロゲンが増加するため、ホルモンバランスが乱れて、抜け毛が多くなることがあるそうです。

生活習慣によるホルモンの乱れ

生活習慣の乱れは、抜け毛だけで無くあらゆるトラブルの元となります。 睡眠不足や無理なダイエット、アルコールの過剰摂取や喫煙は、血流を悪くする代表的な習慣病で、当然髪にも良い訳がありません。

血流が悪くなると、頭皮や髪に栄養が行きわたらなくなり、発毛サイクルが乱れます。 また、運動不足も血行を悪くする原因の一つなので、適度な運動も心がけましょう。

ストレスによるホルモンの乱れ

ストレスも抜け毛原因の多くを占めます。

ストレスはホルモンや自律神経のバランスを大きく崩してしまう為、頭皮や毛母細胞への栄養供給に多大な影響を及ぼします。

頭皮ケア不足による薄毛

意外に知られていませんが、間違った方法のシャンプーやパーマ、カラーリングを繰り返していると、頭皮や毛根を傷めてしまいます。これは、ヘアサイクルが正常に機能しなくなる原因の一つなので、出来るだけ正しいやり方をするよう心掛けて下さい。

女性の抜け毛への対処法

栄養をしっかりと摂る

正常なヘアサイクルを維持するためには、なるべく髪に必要な養分を摂る必要があります。 特に、髪の健康に不可欠なミネラルやビタミンを意識して摂る事です。

あと、髪は主にたんぱく質で出来てるので、たんぱく質を含んだ食事も摂るように心掛けて下さい。

規則正しい生活を送る

健康なヘアサイクルを維持する為には、なるべく日頃からストレスを軽減させて、自律神経の乱れを極力少なくする必要があります。

その為には、何よりも規則正しい生活と充分な睡眠が必要ですので、普段生活が乱れがちな人は、規則正しい生活を心掛けて下さい。

あと、肩甲骨をぐるぐる回すと肩から上の血行が良くなり、髪にしっかりと栄養が回るので効果があります!

日頃から頭皮ケアを行う

美しい髪を育てる為には、まず頭皮が健康であることが何よりも大切です。
日頃から頭皮ケアにはしっかりと気を配りましょう!
正しい方法のシャンプーやヘッドマッサージを行うだけでも、充なケアになります。

正しいシャンプーの仕方は、頭の下から上へと指の腹を使って優しくマッサージするようにするのが正しいやり方です。

毛の流れに逆らうように洗う事で、毛穴の隅々まで洗う事が出来ます。

また、頭皮は刺激に弱い部分ですので、ゴシゴシと爪を立てて洗うのは絶対にNGです。優しく指の腹で洗いましょう!

そして、上記の通りに日頃やれるだけの努力をしても、改善しない場合もあります。

そう言う時は、育毛剤などの薬品に頼る方法もあります。

女性の場合は、男性ホルモンの影響で髪が抜ける訳では無いので、生活改善ちゃんとした育毛剤を使用すれば、薄毛が治る場合が多いそうです。

そして、最近の育毛剤は女性用に開発された物も多数販売されており、
特にこの薬用ハリモアは中でも人気の女性用育毛剤です!
(青い文字をクリックしますと、商品サイトへ移動しますので必要無い方はクリックしないで下さい)

サプリメントなどと合わせて使用すれば、より大きな効果を得られると思いますので、気になる方は使用してみて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする