日傘の効果やおすすめ品はどれ?白や黒のメリット・デメリットとは?

紫外線が強くなってくると、日焼けを気にする方は対策に追われるようになります。

特に女性は、紫外線はシミやソバカスなどの原因になるので、なるべく避けたい所だと思います。

紫外線対策には日焼け止めクリームもありますが、なるべく直接紫外線に浴びないようにするためには日傘がベストです。

そんな日傘は、一体どれくらいの効果があるのでしょう?

また、色によって効果は変わるのでしょうか?

ちょっと気になったので調べてみました!

スポンサーリンク

日傘の効果やUVカット率と遮光性について

日傘の効果はどれくらいあるのでしょう?

まず、何もない状態で日光を浴びれば当然まともに紫外線を浴びてしまいます。

なので、常に日陰を作れる日傘は紫外線対策としてかなり効果があります。

ただ、そんな日傘にもUVカット率や遮光性と言うのがあって製品によって様々です。

もちろんUVカット率が100%で、遮光性も100%の物が好ましいのですが、そう言う物は単色でわりとあっさりしたデザインの日傘が多いです。

しかし、UVカット率や遮光性が99%以下なら、おしゃれなデザインで凝ったかわいい日傘もたくさんあります。

どっちを選ぶかはお好みなのですが、例えUVカット率100%の日傘であっても道路や街のガラス、壁などの照り返しなどで完全には紫外線を防げないと言う事です。

ただ、上からの紫外線は100%防いでくれるので、デザインよりもとにかく少しでも紫外線を防ぎたいのであれば、UVカットや遮光性が100%の日傘を選ぶと良いと思います。

しかし、多少UVカット率が落ちてもオシャレを優先したいのなら、UVカット率99%の物でも構わないのではないでしょうか。

紫外線を防ぐ帽子なども組み合わせれば、UVカットや遮光性99%の物でもかなり効果があると思います。

日傘の白や黒のメリット・デメリットは?

日傘を見ると白色、黒色の製品がたくさんありますが色で効果の違いはあるのでしょうか?

一般的に言われているのが、白は紫外線を反射させていて、黒は紫外線を吸収しています。

なので、白よりも黒の方が赤外線も吸収するので熱くなりやすいです。

それは着ている服も同じで、白よりも黒の方が熱を吸収するので夏場はなるべく白を着るほうが涼しく過ごせます。

ただ、日傘で言えばUVカットを施されている日傘なら、基本的に白でも黒でも紫外線は通しません。

なので、熱くなりにくい白色を選ぶ方が黒よりも涼しいと思います。

しかし、日傘の内側も白色ですと道路の照り返しが反射して、結局紫外線を浴びることになるので、出来ればUVカットが施された日傘で外側が白で内側が黒色の物が好ましいと思います。

また、より紫外線を防ぎたいならUVカットだけで無く遮光性も重要で、やはり遮光率が高いものが望ましいです。

いくらUVカットを施された日傘でも材質によっては光を通してしまうので、光を全く通さないような遮光率100%の材質の日傘ならより安心と言えると思います!

まとめると

白色のメリット  

日光を反射して熱くなりにくいので黒よりも涼しい
明るい雰囲気
涼しそうに見える

白色のデメリット

内側が白色だと道路の照り返しが反射するのでUVカット率が下がる

黒色のメリット

日光を吸収するので反射を防いでくれる
照り返しを反射しないので下からのUVカット効果がある

黒色のデメリット

熱も吸収するので、結果的に白色よりも暑くなる
暗い雰囲気
暑そうに見える

これらの特性を考慮すると、やはりなるべく外側が白色で内側が黒色、UVカットが施されていて遮光性の高い日傘が好ましいと思います!

日傘のおすすめ品は?

日傘も長傘タイプと折りたたみタイプがあります。

形や柄などのデザイン性が良いのは長傘タイプの日傘ですが、持ち運びの便利性で言えばやはり折りたたみタイプです。

また、最近は晴雨兼用の物も増えていて、出来れば雨の日にも兼用で使えるに越したことは無いと思います。

特に夏場は突然の雨なども多い季節なので、晴雨兼用であれば重宝します。

そこで、色々な日傘がある中これまで見てきた条件に合った、一番良い日傘をピックアップしてみたので、良ければ参考にしてみて下さい!

長傘タイプ

日傘には色々な大きさがありますが、こちらはショートサイズの物です。

外側の色は白では無いですが、グレーは白と黒の良い所を合わせ持った色なので日傘的には一番適した色とも言われています。

また、一般的に白や黒の日傘が多い中であまり人と被らないのも魅力です。

こちらの製品は、落ち着いた色合いと縁についたフリルが何とも女性らしい感じを演出しています!

折りたたみタイプ

折りたたみタイプはどうしてもデザイン的にシンプルになってしまいますが、刺繍などの柄が入ったものもは遮光性が低く効果は低めです。

こちらの製品はシンプルなデザインですが、しっかりとした遮光性や晴雨兼用と言う面では、かなり優れた日傘です。

そして、安価な物でデザイン的にかわいい製品も多数ありますが、機能的には今ひとつものが多く、結局買い直すパターンも多いと聞きます。

そこで、現在販売されてる日傘を色々見てみましたが、日傘の質やデザイン性ではここで紹介した「芦屋ロサブラン」の製品がダントツではないかと思いました。

もちろん、その分価格もそこそこするのですが、その価格に見合った性能は十分なので買っても後悔はしないのではないでしょうか。

「芦屋ロサブラン」は、日傘以外にもオシャレな帽子などの紫外線対策グッズが豊富に揃っていますので、興味がある方は是非一度覗いてみて下さい!

芦屋ロサブランの製品情報を見る

また、安価な物を含めて現在売れてる日傘ランキングはこちらをどうぞ!

日傘の売れ筋ランキングを見る<楽天市場>

こちらの関連記事もどうぞ!

日本人が一番似合うサングラスはどれ?おすすめブランド7選!

紫外線が体に必要な照射時間は?日光浴のメリット・デメリットとは!?

夏場の車で活躍する!おすすめ便利アイテム&グッズ7選!

海や川で使える!おもしろグッズ&役立つおすすめ便利アイテム8選!

終わりに

日傘と言っても、やはり色や性能でそれぞれ特性があるものですね。

ただ日傘をさしてれば、それで紫外線を防げるものではありません。

特に日傘の内側が白色だと、道路の照り返しが反射して余計に日焼けする可能性もあるので、注意が必要です。

なので、最低限内側が黒色の日傘を選ぶ事が大切だと思います!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする