クリスマスツリーって買うよりレンタルした方がメリットあるって本当!?

こんにちは!

毎年この時期になると、押入れなどから取り出すクリスマスツリー。

面倒臭いなぁ~と思いつつも、あるのと無いのとではやっぱり雰囲気的に全然違いますよね!

しかし、小さいクリスマスツリーならともかく、そこそこ大きいクリスマスツリーは収納スペースも多く取られてしまい出し入れも面倒です。

そこで、今流行ってるのが「レンタル」です!

今日は出し入れが面倒な、クリスマスツリーのレンタルについての情報をお届けします!

スポンサーリンク

クリスマスツリーのレンタルってどうなの?

今までクリスマスツリーは買うのが主流でしたが、先ほども書いた通りそこそこの大きさのツリーでも、収納場所を取られてしまい出し入れも面倒です。

おまけに一度買えばずっと同じツリーで、オーナメントやイルミネーションで雰囲気は変えられますが大きさは同じです。

例えば、引越しなどで部屋の大きさが変わって「もう少し大きいのがいいな」と思ったら、また買わなければなりません。

そう言った問題を解決してくれるのが「レンタル」です!

当然、レンタルも良い面ばかりでは無いと思うので、クリスマスツリーをレンタルするメリットとデメリットを見てみる事にしましょう!

クリスマスツリーをレンタルするメリット
  • 収納する必要が無くなるので家のスペースが空く
  • 毎年最新デザインのクリスマスツリーが楽しめる
  • 買うより安いので豪華なツリーを飾ることが出来る
  • 飾るスペースに合わせて毎年大きさも好きに選べる
クリスマスツリーをレンタルするデメリット
  • 同じツリーをずっと使い続けるなら経済的に買う方が安い
  • 保障はあるものの、一応借り物なので気は使う
  • レンタル注文して受け取り、返す行為の手間

と言った所でしょうか。

これをどう見るかは借主しだいですが、私はメリットの方が多いんじゃないかと思いますので、今年はレンタルする事にしました!

クリスマスツリー

クリスマスツリーのレンタルってどうするの?

クリスマスツリーを販売するお店は星の数ほどありますが、レンタルするお店はそうありません。

何件かレンタルする会社はあったのですが、家庭用と言うよりは業務用のツリーで値段も割高な所が多いです。ˆ ˆ¡ (イベント21・井上熱帯園など)

超大型ツリーや凝ったデザインのツリーをお求めなら、そちらでもいいかも知れませんが、普通に家庭で飾るツリーなら、こちらのDMMいろいろレンタルさんが品揃えも豊富で保障もしっかりしてて一番安心出来そうです。

保障と言うのは、レンタルするにあたって一番不安なのが「もし、誤って汚してしまったり、壊してしまったら弁償しなくちゃならないの?」と言う所だと思いますが、こちらのDMMいろいろレンタルさんでは下記の通り

「安心レンタル制度」

DMMいろいろレンタルではお客様に安心して快適にレンタルしたいただけるように万が一、汚損・破損してしまっても修理費用を請求しません。
しかも安心レンタル制度の適用に追加費用は一切なし!全ての商品に適用されています。
通常の利用の範囲での汚損・破損では修理費用を請求されることはないので借りる前の不安がなく、安心してご利用いただけます。

故意では無い破損や汚れに対しての追加の請求はありませんので安心して利用できると思います!

クリスマスツリーのレンタル期間は1ヶ月で、家庭用の120cmツリーであれば3千円台からレンタルできます!(他のレンタルは同金額でも、3日や1週間程度しか借りれません。)

もちろん、オーナメントや電飾も付属しています!

最新のクリスマスツリーセットを1ヶ月もレンタル出来て、3千円台ならさほど高くは無いのではないでしょうか?しかも、必要無くなったら送り返せばいいだけなので、今までのように収納場所に悩む事も無くなります!

そして、DMMいろいろレンタルでは、クリスマスツリーだけで無く、サンタの衣装や最新ビデオカメラなんかも格安でレンタルできるので、クリスマスパーティーを開く場合など、必要な時に役立つグッズが多数揃ってるので便利ですよ!

サイトに行くと、画面中央に「ファッションレンタル」「いろいろレンタル」のバナーがあるので「いろいろレンタル」を選択します。

画面を下にスクロールすると「ホビー・季節もの」カテゴリーがありますので、その中の「クリスマスツリー」をクリックして下さい!すると、レンタルできるクリスマスツリーの一覧が出てきますので、興味があれば見てみて下さい!

そして、これから新しいクリスマスツリーの購入を考えてるのなら、一度レンタルする事も検討してみてはいかがでしょうか?

クリスマスツリーの在庫状況の確認する

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする