2017大阪の花見は遊覧船から見る「大川さくらクルーズ」がおすすめ!

大阪で花見の名所と言えば、造幣局の桜の通り抜けや毛馬桜之宮公園です!

その名所をそれぞれ歩いて見るのもいいですが、その2つの名所の前を流れている大きな川(大川)を遊覧船に乗ってゆったりと同時に見るのも、また楽しいですよ!

毎年花見のシーズンになると、両岸に咲いた満開のきれいな桜を船から見れるこのサービスは大変な人気です!

せっかく水の町である大阪で花見をするなら、他ではなかなか出来ない桜の楽しみ方をしてみてはいかがでしょうか?

今日は、遊覧船で花見を楽しむ「大川さくらクルーズ」について紹介したいと思います!

スポンサーリンク

大川さくらクルーズとは?

大川さくらクルーズ
出典http://suito-osaka.jp

大川さくらクルーズとは、天満橋駅17番出口を出たすぐ目の前にある「八軒家浜船着場」から出ている期間限定のクルーズの事です。

開催期間は造幣局の桜の通り抜けの期間と同じです。

クルーズの内容は、天満橋駅前の八軒家浜船着場から出発し、目の前の南天満公園の桜を視界に入れつつ、「造幣局の桜の通り抜け」を左側にして見事な桜の真横をゆっくり通過していきます。

歩いて間近に見る桜もいいですが、ちょっと離れた距離からピンク色の塊として見るさくらも、また風情があっていいカメラの被写体となるのではないでしょうかw

そして、船に乗って見るという「体感」も、春の気持ちいい気候とマッチしてただ歩いて見るよりも、何倍もさくらを楽しめる要素になっていると思います!

カップルなら良いデートコースになると思いますし、家族連れで特に小学生くらいのお子さんのいる家庭では、子供がとても喜ぶのではないでしょうかw

そして、その後船はその先にある源八橋付近でUターンして、今度は毛馬桜之宮公園の桜を左に見ながらゆっくりと戻って来きます。

動画で見るとこんな感じです!

川を挟んで両岸の見事なさくらを同時に楽しめるので、毎年このクルーズは大変な人気となっています!

また、飲食OKなので何か美味しいものを持ち込んで、食べて飲みながらきれいな桜を見れるのも人気の秘密なのかも知れませんw

動画を見ると分かりますが、座席もゆったりしているので、人が多いとはいえそんなにぎゅうぎゅう詰めになることはないので安心して写真なども撮れますよ!

あまり混雑しない理由としては、開花のピーク時には乗客数に合わせて船の本数を増やすシステムがとられているので、どの時期に行っても一定の人数で乗れるようになっています。

そういう配慮もされてる会社なので、とても安心して桜を楽しめると思いますよw

大川さくらクルーズの詳細

開催日時

期間:(予定)2017年3月25日(土)~造幣局桜の通り抜け終了日まで
時間:10時~19時の間10~30分間隔で出航
※3月25日(土)のみ14時~19時
所要時間:約25分

会場・住所

八軒家浜・川の駅はちけんや
(大阪市中央区北浜東1-2)

入場料・他料金

乗船料:大人1,200円/小学生600円/小学生未満無料
※大人1名につき小学生以下お子様1名まで無料。2名以上は小学生料金600円

<諸注意>

・天候・潮位により予告なく運休・コース変更・減便する場合があります。
・運航船舶は日によって異なります。
・雨天時は屋根のある船で運航します。ただし荒天時は運休となります。

お問い合わせ
06-6942-0555(大阪シティクルーズ推進協議会)

  出典水都大阪

もし、造幣局の桜の通り抜けや、毛馬桜之宮公園に花見に行かれる事があるならこちらの「大川さくらクルーズ」も一度試してみてはいかがでしょうか?

そして、八軒家浜船着場前の南天満公園の桜は、ライトアップも予定されているので、わりと遅い時間に行っても桜を楽しめると思います!

こちらの関連記事もどうぞ!

2017大阪で一番きれいな桜が見れるのはどこ?名所や穴場スポットを紹介!

京都の花見は遊覧船が最高!岡崎桜回廊&十石舟の乗り方は?

終わりに

なかなか船に乗ってさくらを見れる所も少ないと思うので、料金はかかりますがまだ体験した事の無い方は、一度試してみるのも良いと思います!

特に他府県から来られる方は、なかなか面白い体験になると思うので、是非さくらの時期に大阪に行く予定がある方は参考にしてみてください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする