突きん棒漁で日本一の腕前! 中居林昌爾・洋爾兄弟を知ってますか?

こんにちは!

いきなりですが、突きん棒(つきんぼ)漁ってご存知ですか?

荒海の中、伸びた船の舳先から6メートルもの長銛を使って水面を走る巨大カジキマグロを突いて仕留めると言う、なんとも豪快な漁だそうですw

経験のある人はみんな「3日でも突きん棒やれば、もうやめられん!」と言うくらい魅力のある漁なんだそうです。

今日はそんな突きん棒漁で日本一と言われる、ある兄弟漁師について書いてみたいと思います!

スポンサーリンク

突きん棒漁日本一の腕前を誇る三陸の名物兄弟とは?

プロフィール

仲居林兄弟

出典 http://www.mbs.jp

中居林昌爾・洋爾 兄弟   
1972/1974年 岩手県 釜石市生まれ

男三兄弟の次男と三男

日本で最もカジキが水揚げされる気仙沼漁港で、ダントツの水揚げ量を誇る中居林兄弟。

「突きんぼ漁」の技術では他の追随を許さない程の腕前を誇るそうです。

船は突きんぼ船「第8勇漁丸」約10トン

「突きんぼ漁」ってどれだけ難しいの?

「突きんぼ漁」は突き師が船の先端に立って、長さ6メートルのモリでカジキの目を狙って一突きにして仕留めるという実に豪快な漁法です。

当然、素人が突然やってすぐに出来るようなものでは無く、熟練された技術と経験が必要です。

そして突きんぼ漁では、モリで突く人だけでは無く船を操る人も重要です。

なぜなら、モリで突く技術がいくら長けていても、船をカジキの突けるポイントに持って行けなければ意味が無いからです。

カジキがわざわざモリで突いて下さいと、自ら船の側に寄ってくるわけが無いので、当然見つけたら追いかけなくてはなりません。

船の図

出典 http://www3.coara.or.jp

上の図のように、船の操縦師はかなり高い位置の見張り台から船を操縦します。

当然、位置的に相当揺れる中での操縦になるので、ハンパな技術ではとてもカジキを追うのは無理でしょう。

実際に突きんぼ漁をやっている動画があるので、参考までに見てみて下さい。

このように、突きんぼ漁は船を操縦する技術とカジキを見つけて仕留める技術が必要です。

そのどちらが欠けても成功しないと思います。

その点、中居林兄弟は兄の中居林昌爾さんが突き手の名手、弟の中居林洋爾さんが名操縦師と、まさに兄弟ならではの「あ・うん」の呼吸でカジキを仕留めて行きます。

突きんぼ漁の動画を見れば分かりますが、突き手と操縦師の呼吸が合わなければまったく仕事にならないのではないでしょうか。

それくらい、突きんぼ漁と言うのは難しい漁だと思います!


さて、今回紹介した突きんぼ漁師の中居林昌爾・洋爾 兄弟 ですが、9月27日放送の「情熱大陸」で詳しく紹介されます!

番組では、4年前の震災で日常の海が一瞬で変わってしまった当時、彼らがどのように体験し、その事をどう捉えて今を生きてるのか?など、震災を体験しそれを乗り越えて生活する彼らのひと夏を密着取材しています。

日本一の突きんぼ漁の腕前も見てみたいですが、ほぼ壊滅状態だった4年前の海から一体どうやって復活したのか?

その辺も気になる所ではあります。

気になる方は9月27日放送の「情熱大陸」を是非見てみて下さい!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする