スポーツドリンク アイソトニックとハイポトニックの違いは?

こんにちは!

最近になって急激に蒸し暑くなってきましたね。
私は毎日毎日、仕事で汗だくです。

少し前までは、そんなに暑く感じ無かったので
今年の夏は涼しいのかな?なんて思っていたのに、
やっぱりそんなに甘くは無いですね・・・・

暑くなってくると気をつけなきゃいけないのが、
熱中症です。
熱中症を予防する上でも水分補給は重要です。

今日はその、水分補給について書いて行きたいと思います。

スポンサーリンク

アイソトニックとハイポトニックはどう違うの?

熱中症予防での水分補給にまず思いつくのが
スポーツドリンクでは無いでしょうか?

そのスポーツドリンクには、アイソトニック飲料ハイポトニック飲料の2種類が存在すると知ってましたか?

何が違うのかと言うと「糖分の浸透圧」の違いです。

アイソトニックは血液や体液とほぼ同じ浸透圧
ハイポトニックは血液や体液よりも低い浸透圧

なのです。

どういう事かと言いますと、
体液と同じ浸透圧の飲み物の方が、普通の水よりも早く体内に
吸収されていきます。

なので、一刻も早く体内へ水分補給したければ、普通の水よりも
体液と同じ浸透圧のアイソトニック飲料の方が早く体内へ吸収されます。

ただ、アイソトニック飲料は糖質が平均6%くらい含まれていますので、激しい運動前や運動の最中に飲むと、血糖値が急激に上がって、インスリンが過剰に分泌される「インスリンショック」になる可能性があるそうです。

インスリンショックとは、血糖値を下げるインスリンが過剰に分泌される事により、逆に「低血糖」になってしまう症状です。

なので、アイソトニック飲料は大量に汗をかいた後の水分補給に最適です。

では、運動直前や運動中には何を飲めばいいのかと言うと、
ハイポトニック飲料です。

激しい運動をしている時の人の糖分の浸透圧は、普段よりかなり低下しています。ハイポトニック飲料はその低下した浸透圧に合わせて作られているので、運動中はハイポトニック飲料が適しています。

ハイポトニック飲料には糖質が約2.5%含まれているので、
アイソトニックの約半分くらいの量になります。

なので、味的にはアイソトニック飲料を薄めた感じになります。

私は以前、スポーツドリンクが飲みたくなって、自販機に買いに行ったのですが、知らないメーカーのスポーツドリンクしか無く、どれも同じだろうと適当に買ったものの、飲んでみたらやたらと味の薄いスポーツドリンクで、「あ~、はずれを買ってしまったな~」なんて思ってたのが実はハイポトニック飲料だったのだと、今になって気付いたしだいですw

何か激しい運動されてる人は、この2種類を使い分けた方が
効率の良い水分補給になると思いますが、それほど大した運動はしないと言う方は、アイソトニック飲料で十分だと思います。
(市販されてるものも、ほとんどがアイソトニック飲料です。)

ただ、糖質が約6%あるので、飲みすぎると糖分の取りすぎに
なってしまいます。
汗を大量にかいて無い場合は糖分の無い、普通の水と塩分で水分補給をする方法もお勧めします。

 とにかく、これからの暑い夏。
体調にはくれぐれも気をつけて、正しい水分補給で
乗り切って行きましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする