SNS犯罪 セクストーション被害に絶対遭わない方法とは?

いつの時代になっても、詐欺やゆすりのような犯罪は後を絶ちません。

携帯からスマホに変わりつつある現在も、進行形で犯罪は進化して行っています。

「セクストーション」なる言葉を聞いた事がありますか?

意味は性的な「sexual」と、ゆすりの「extortion」という英単語を組み合わせて作った造語で、性的脅迫のことを指します。

最近この手の犯罪が増えてるそうなので、今日はこのセクストーションについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

油断は禁物!あなたもいつ脅迫されるか分からない

このセクストーションなる犯罪の手口ですが、まず見知らぬ女性との軽いSNSのやりとりから始まります。

色々やりとりするうちに、だんだん女性が大胆になって行き
裸の写真の交換を持ちかけられたりします。

そうして送られてきたファイルを開くと、電話帳の情報などを勝手に抜き取る不正アプリがインストールされて、後日見知らぬ番号から電話がかかって来きて、

「あなたの電話帳を抜き取った、公開されたくなければ指定の金額を払え」

と脅しをかけてきたりします。

また、プライベートな動画を見せ合おうと言われ、それを見るにはビデオチャット機能のアプリが必要だとインストールを勧めてきたり、とにかく不正アプリをインストールさせるように持って来ます。

手口が巧妙なので、今まで気軽に何事も無くSNSで知り合いになれてたからと言って、同じような感じで対処してると、いつかこんな脅しをかけられてしまうかも知れません。

被害に遭わない為にやれる事は?

この手の手口は主に男性がかかりやすい傾向にあります。
性的な欲に目が眩んで、警戒心が薄れてドツボにはまりますw

基本、相手が見えない状態でのやりとりは、常にどこか怪しいと言う
警戒心は持っているべきだと思います。

特にエッチな言葉で積極的に誘ってくるような場合は、99%の確率で詐欺目的だと警戒するべきだと思いますw

もちろん、全てのSNSユーザーが悪いなんて事はありませんが、 中には犯罪目的で利用しているユーザーが居るのも事実です。

なので、被害に遭わない為にはまず自己防衛を徹底する事!

  • むやみに相手を信用しない
  • 知らない相手から送られてきた画像やファイルは絶対開かない
  • アプリのインストールを勧められても、公式ストア以外からはインストールしない
  • 冷静さを失わない

など。

そして、絶対に被害に遭わない方法は「SNSには手を出さない」です。

これが確実に被害に遭わない為の方法ですw

しかし、そうできない人はやはり自己防衛するしかありません。

被害に遭ったら慌てないで警察に相談

仮にセクストーション被害に遭って相手からゆすられたとしても、決して相手の言いなりになってはいけません。

なぜなら、相手の言う通りの要求を呑んでも、盗まれた情報が返って来る保証など、どこにも無いからです。

それどころか更にゆすりをかけて来る可能性が高いでしょう。

被害に遭った場合はすぐに警察のサイバー犯罪対策室などに届けて、相談される事をお勧めします。

今は警察のハイテク犯罪捜査もかなり進歩していて、ネット詐欺の検挙率は10年前より、およそ5倍になっています。(警視庁調べ)

なので、被害に遭っても慌てず落ち着いてまずは警察に行って相談しましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする