世界最大のホバークラフトの価格とは?アメリカや日本にもある?

一時期、ホバークラフトと言えば水陸両用の夢の乗り物として注目されていました。

実際に出始めた頃は、民間の送迎用などに投入されて実用されましたが、大きい騒音や振動、など問題が多発して、しだいに使用されなくなっていきました。

しかし軍事用としては健在で、現在世界最大のホバークラフトはロシア産のポモルニク型エアクッション揚陸艦(ズーブル)となっています。

このズーブルを作るのには一体どれくらいの費用がかかるのでしょう?

また、アメリカや日本にはあるのでしょうか?

ちょっと気になったので調べてみました!

スポンサーリンク

世界最大のホバークラフトの価格とは?

世界最大のホバークラフトポモルニク型エアクッション揚陸艦」のポモルニクとは、「トウゾクカモメ」と言う意味で、NATOのコードネームとなっています。

世界最大のホバークラフト
出典http://vpk-news.ru/news/20009

大きさ

全長 57.3m
全幅 27.6m

最大搭乗員数 80名

最大速度 113km

世界最大のホバークラフト、ポモルニク型の最大の特徴としてはやはり57.3mと言う巨体にもかかわらず、最大速度が113kmも出せる所です。

また、一隻につき戦車は3両、歩兵戦闘車は8両も搭載できるので、かなりの重武装かつスピーディーな上陸が可能となっています。

そして、ホバークラフトの利点としては、敵地への上陸スピードだけなら空挺部隊の方が圧倒的に速いのですが、どうしても装備が軽くなってしまうので、重装備の敵防衛には脆弱になってしまいます。

ですが、ホバークラフトでの上陸ならスピードはわずかに空挺部隊に劣りますが、かなりの重装備で上陸できるので、空挺部隊と協力し合えばかなり有利な展開が望めます。

この大きさは動画で見る方がよく分かると思います!

そして、この世界最大のホバークラフトポモルニク型エアクッション揚陸艦」の価格ですが、色々調べてみた所ちゃんと正規の価格を公表している記述は見つけられませんでした。

しかし、2007年に中国がロシア側から4隻買う話が出た時に、2億1000万ドルという金額を提示されていて、その時はそれがまとまらず流れてしまいました。

なので、単純計算で1隻5250万ドル(約58億円)と言う事になります。

正直、軍事関係の物はどれも金額がめちゃくちゃなので、一般人にはこれが高いのか安いのかの見当もつきませんが、交渉が流れたと言う事は高いのではないかな?と思います。

しかし、その後2009年に交渉相手をウクライナに変えた中国は2隻を購入して、もう2隻は中国国内で生産する契約を3億1500万ドルで結んだと報じられています。

これだと、1隻78.75万ドル(約87億円)となるので、さらに高額になっていますが2隻は中国国内で作るので、恐らく技術提供の額も入っているのではないでしょうか。

そして、今はまだ2隻を中国で建造中のようなので、ひょっとするともっと大きいホバークラフトを作る可能性もあるのではないかと思います。

どうせ一から新しいものを作るなら、世界一にした方がインパクトもありますので・・・。

そうなると、世界最大のホバークラフトは中国産になるかも知れませんね。

それに関しては、また新たな情報が分かれば追記したいと思います!

アメリカや日本のホバークラフトは?

世界最大のホバークラフトは、ロシア産のポモルニク型エアクッション揚陸艦」と言う事は分かりました。

では、同じ軍事大国のアメリカはどうなのでしょう?

調べると、もちろんアメリカにもエアクッション揚陸艦」は存在しています!

ただ、大きさ的にはロシアの物よりもかなり小さいですね。

アメリカのホバークラフトは、LCAC-1級エア・クッション型揚陸艇」です。

アメリカ産のホバークラフト
出典http://military.sakura.ne.jp/navy2/lcac_no1.htm

大きさ

全長 26.4m
全幅 14.3m

最大搭乗員数 180名~240名

最大速度 74km

「LCAC-1級エア・クッション型揚陸艇」は、大きさが無いので積載できる戦車も1両だけとなっていますが、モジュールを使う事で人員を180名~240名も運べるのが特徴です。

そして、アメリカの場合はとにかく数がハンパなく多くて、現在までに91隻(海軍74隻)も生産しています。

これだけあれば、戦車が1両しか積めなくても数でカバー出来るので全然問題ないですね。

そして、日本はこのタイプのホバークラフトを、現在までに6隻アメリカから購入しています。

また、この「LCAC-1級エア・クッション型揚陸艇」の価格がいくらなのか調べてみましたが、どこにも記述はありませんでした。

ですが、大きさ的にもロシアの物よりは安いと思うので、恐らく10億~20億くらいの間では無いかと予想します。

こちらもまた何か情報があれば、追記していきたいと思います。

終わりに

現在ホバークラフトは、海辺や湖のレジャー用なんかでたまに見かけます。

それらは一人か二人用なので、あっても大して気にしませんが、50mを超すホバークラフトが走っていたらかなり驚く事でしょう。

恐らく日本にいる内は、生で世界最大のホバークラフトを見る事は無いと思いますが、出来るなら一度は見てみたいような気はしますね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする