夏バテしたくない人必見!最も理に適った対処法とは?

毎年、気温の上昇と共にだんだん体の調子の悪くなる日が増え始めます。

何もしてないはずなのに、「なんか体がだるいなぁ~」「頭痛がする」などの症状、そう

夏バテです

夏バテは自律神経の乱れからくると言われていますので、自分ではコントロールできません。

しかし、正しい知識を得る事で予防したり仮に夏バテになってもなるべく早く回復する事が出来るので、今日はその夏バテについてみてみましょう!

スポンサーリンク

夏バテの原因を正しく知る事で予防する

夏バテの原因は先程も書いた通り、自律神経の乱れが原因です。

人間の体は気温差5℃くらいが、順応できる限界だそうです。

なので、それ以上の寒暖さのある所では自律神経が乱れて
体調を崩す原因になります。

それは夏だけでは無く、冬でも寒い外からいきなり暖かい場所へ
来て、暑い状態が続くと気分が悪くなったりします。

これも自律神経の乱れです。

人は高温多湿の状態が続くと汗が蒸発せずに体につきまとい、うまく体温調節が出来なくなり、自律神経が乱れてしまうそうです。

そして、熱帯夜などでよく眠れない日とかありませんか?


そう言う状態も自律神経が乱れる
原因の一つになります。

こう見ると、人間の体は本当にデリケートなんだな~と思います。

なので、夏バテしたくなければ気温差の激しい場所や高温多湿の状態で過ごさないようにするしかありません。

しかし、当然それは無理な注文なので次は夏バテになってしまった場合の対処方法を見てみたいと思います。

夏バテの一番理に適った回復方法は?

夏バテの原因は自律神経の乱れですので、一番理に適った対処方法はその乱れを整えてやる事です。

夏バテの症状の「異常な疲れや倦怠感」が現れたら、まず無理をせずになるべく安静に過ごすようにします。

そして、夏バテは免疫力の低下も原因にあげられるので、なるべく栄養価の高い食事をして、よく眠り、乱れた自律神経を整えてやる事が回復を早める要因になります。

しかし、それでも回復しない場合は他の疾患が原因である可能性もあるので、一度病院で診察を受ける事をおすすめします。

基本的に、夏は基礎代謝が高まるのでタンパク質を多く消費しますし、エネルギーの代謝に欠かせないビタミンB1も多く必要です。

なので、夏バテ予防の為にも普段からしっかりと栄養のあるモノを体に取り入れて、体力を蓄えておく事が何よりの予防策です。

 夏バテに良いとされてる食物

ビタミンB郡は疲れの元となる乳酸を消費してエネルギーに変える要素があるので、夏バテには必需品です。

豚肉・うなぎ・枝豆・豆腐・ブロッコリー・玄米・レバー などに多く含まれて居ます。

昔から夏場は枝豆にビールや、土用丑の日のうなぎなど、ちゃんと夏に良い食べ物を昔の人は知っていたんですね!

あと、すっぱい物も夏バテにはいいとされています。

レモン・梅干・酢の物

 などの酢酸、クエン酸、リンゴ酸などが含まれてるものは、疲れの元となる乳酸を分解する性質があります。

よくスポーツ選手もはちみつレモンなどを好んで食べますよね?
それは疲労回復の為に摂っているのです。

と言う事で、
普段から夏バテを意識した食事を心がけ、夏バテにはくれぐれも
気をつけて無事に夏を乗り切ってくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする