松方弘樹が「甲斐性なし」と言った息子の仁科克基の年収や関係とは?

先日、俳優の松方弘樹さんが脳リンパ腫により74歳で死去しました。

つい数年前までは、巨大なマグロを釣り上げるほどの元気な姿を見せていましたが、人間の人生はどうなるのかは分からないものです。

その松方弘樹さんの息子である仁科克基さんですが、親子なのにもかかわらず近年はほとんど会ったことがない間柄なのだそうです。

そんな仁科克基さんが、以前女優の多岐川華子さんとスピード離婚した際、松方弘樹さんは「甲斐性なしじゃ、ついてこない」とコメントしています。

今日は、そんな仁科克基さんの年収などについて紹介したいと思います!

スポンサーリンク

松方弘樹と仁科克基の微妙な関係とは?

仁科克基さんは、松方弘樹さんと女優の仁科亜季子さんとの間に生まれた子供です。

仁科克基

出典http://girlschannel.net

妹は、 タレントの仁科仁美さんです。

ちなみに仁科亜季子さんとは二度目の結婚なので、前妻の元モデル夏子さんとの間にも3人の子供がいます。

そして、仁科克基さんの家系は、お父さんの松方弘樹さんの家系も、お母さんの仁科亜季子さんの家系も、ずっと俳優や女優をやっている芸能の家系です。

松方弘樹さんの弟、目黒祐樹さんも時代劇俳優として有名で、5歳の頃からずっと映画やテレビドラマなどに出演されています。

松方弘樹さんの最初の妻夏子さんとの間に生まれた最初の息子である、目黒大樹さんも俳優をやっています。

そんな芸能一家に生まれた仁科克基さんですが、過去のテレビ出演の際「ここ数年、父親とはほとんど会ったことがない」と語っていました。

松方弘樹さんは1998年に、元女優の山本万里子さんとの不倫をスクープされ、結局そのことが原因で仁科亜季子さんと離婚しました。

少なくともそれまでは家に帰って来ていた訳ですし、親子の関係もそれなりにあったと思います。

しかし、不倫がバレて、結局その不倫相手の山本万里子さんとの生活を選んだのですから、実はもっと前から仁科亜季子さんとの関係は冷え切っていたのかも知れませんね。

そして、恐らくその離婚を機に、仁科克基さんと松方弘樹さんの関係もピッタリ途絶えたのだと思います。

さらに、それが原因かどうかは分かりませんが、当時高校生だった仁科克基さんは堀越高等学校を中退しています。

そんな、ある意味冷えた親子関係だったとしても、例えば仁科克基さんがもっと活躍して人気俳優にでもなっていたら、松方弘樹さんもどこかで会っていたかも知れませんね。

息子なのに一切連絡を取らなかったのは、要は相手にしてなかったと言う事でしょうか。

仁科克基の年収はどれくらい?

仁科克基さんは、実は7歳の頃より子役としてデビューしていて、ドラマ、映画、舞台にも出演されていました。

また、日本舞踊家として、「岩井流・岩井久次郎」を襲名している舞踊家でもあります。

しかし、俳優として実際にテレビや映画で仁科克基さんを見ることはほぼありません。

見ると言ったらバラエティ番組などで、たまに見る程度です。

ピークは女優の多岐川華子さんとの結婚が報道された時や、新婚時の数ヶ月、そして離婚報道後くらいでしょうか。

とは言え、俳優やテレビタレントはテレビの仕事以外にも、パチンコ店の営業や地方の営業などの収入源が大きいと言われているので、テレビに出てないからと言って収入がないとは言い切れません。

しかし、仁科克基さんの離婚時に松方弘樹さんがコメントした「甲斐性なしじゃ、ついてこない」と言った事を考えると、仁科克基さんは本当に収入が無かったのでは?と推測します。

現在、仁科克基さんは「松竹エンタテインメント」に所属している俳優さんです。

「松竹エンタテインメント」は、お笑い芸人で有名な「松竹芸能」から独立した会社です。

特徴としては俳優をメインに、マネージメントしています。

所属俳優の大物は

片岡愛之助

尾上松也

檀 れい

森口瑤子

などが所属しています。

そんな仁科克基さんですが、ちょくちょくドラマや映画に出演されてますが、そんなに大きい役柄では無いようですw

なので、恐らく俳優としての収入は、そんなには無いのではないかと予測されます。

完全にいくらまでは分かりませんが、年収で言えばそこそこ稼ぎが良いサラリーマンか、それ以下の年収ではないかなと思います。

でないと、億を稼いでいた松方弘樹さんが「甲斐性なし」とは言わないはずですw

でも、もともとの家がお金持ちですから、俳優としての収入が無くても仁科克基さん的には何も困ることは無いと思います。

終わりに

ずっと会ってないとはいえ、やはりお父さんですから松方弘樹さんが亡くなって、仁科克基さんも相当辛い事とは思います。

しかし、少なくとも名優のDNAは入ってるのですから、これを機に奮起して、誰もが認める名役者へと変貌して欲しいなと思います!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする