マンガで稼ぐには発行部数やアニメ化よりキャラが一番大事!?

マンガ大国の日本ですが、やはり気になるのは売れてるマンガと、その収入額ではないでしょうか?

当然、売れてるマンガ家が稼ぐ金額はハンパではありません!

しかし、同じように売れてるマンガ家でも、販売部数やアニメ化などの条件は同じでも、大きく収入を左右するものがあります!

今日はそんな、マンガの収入源について紹介したいと思います!

スポンサーリンク

売れてるマンガのギャラ事情

マンガ家の主な収入源は、週間紙なら毎週描く原稿料と、単行本の印税が主な収入源です。

超売れっ子となると、一枚5万円くらいになるので週20枚とすると、原稿料だけで月400万円と言う事になります。

年収にすると、原稿料だけで4,800万円の収入です!

当然、一枚5万円もの原稿料を取る売れてるマンガは単行本も売れるので、売れた単行本数×10%が印税収入となります。

日本で一番売れてるマンガは、尾田栄一郎さんの「ONE PIECE」です。

それで計算すると、「ONE PIECE」は年に約3000万部くらい売れるので、420円×3000万部×10%とすると、約12億6千万円となります。

原稿料と、単行本をたすとだいたい13億円くらいでしょうかw

それ以外にも、売れてるマンガはTVアニメ化したり、映画化したりします。

マンガがTVアニメ化すると、マンガ家には一話につき約30万円支払われます。
年間50週あるとして、30万円×50週で1500万円。

そして、映画化で原作使用料は約100万円くらいなので、アニメ化と映画化をたして年間1600万円くらいの収入となります。

とりあえず、今のところを足すと原稿料、単行本、アニメ・映画化で約13億ちょっとです。

ここまでは、他の売れてるマンガも同じようなものです。

ところが、儲かるマンガはここから差がつきます!

アニメ化や販売部数よりもキャラが大事!

要するに、キャラクターグッズの売り上げがハンパないのです!

日本一売れてるマンガの「ONE PIECE」で言えば、キャラクターグッズの売り上げだけで年間15億円以上あります!

原稿料、単行本、アニメ・映画化を足した額を、キャラクターグッズだけで超えてしまっています。

これは「ドラゴンボール」も同じで、ドラゴンボールはキャラクターグッズの売り上げだけ、年間250億円以上ありますw

すでに連載が終わって、かなり経つのにもかかわらずこれだけの売り上げがあります!

「ドラゴンボール」「ONE PIECE」の特徴として、やはり出てくるキャラクターの数が多いというのがあります!

キャラクターの数が多いと、それだけグッズの数も増えるので売り上げも当然伸びます。

また、魅力的なキャラだとそれだけファンもつくので、そのキャラクターのどんなグッズを作ってもコレクターは集めようとするので、また売れます!

特に今はフィギアが大人気なので、個性的で魅力あるキャラは高額でも売れてしまいますw

しかし、売れてるマンガでもキャラクターグッズがあまり作れないマンガもあります。

例えば「美味しんぼ」「ゴルゴ13」などは、単行本などはめちゃくちゃ売れてますが、キャラクターグッズは作りにくいマンガです。

そういう理由から、マンガで本気で儲けたいならキャラクターグッズが売れる事を見越して、魅力的なキャラクターやアイテムがたくさん登場するマンガを描く事がベストです!


と言う事で、いかがでしたか?

結局、一つでもマンガがヒットしたら、ものすごい金額が動くと言う事ですw

その中でも、キャラクターグッズの売り上げは原稿料、単行本、アニメ化の合計を上回るくらい大きな金額になります。

これからマンガを描かれる方は、是非キャラクター重視のマンガをおすすめしますw

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする