京都の紅葉で一番きれいなライトアップはどこ?おすすめな鑑賞のコツなど!

秋はなんと言っても紅葉ですよね!

見慣れた緑が黄色や赤に染まってるのを見ると、季節を感じて心が落ち着く気がします。
そして、昼間の紅葉もいいですが夜間ライトアップされた紅葉は、また一段と風情を感じる事が出来ておすすめです!

照らし出された紅葉は、光と影のバランスで昼間見る光景とは全く違う姿を見せてくれます!

今日はそんなライトアップされた、京都の紅葉スポットを紹介したいと思います!

スポンサーリンク

京都の紅葉ライトアップおすすめ5選!

① 清水寺

清水寺ライトアップ

京都屈指の紅葉スポットでもある清水寺。
京都の紅葉と言えばここを外す訳にはいきません!

清水寺の舞台はもちろん、三重塔放生池(ほうしょういけ)などに広がる約1000本のヤマモミジが1500基以上の照明で照らされる光景はまさに圧巻です!

特に観音慈悲光と三重塔が放生池に映り込む光景は、とても幻想的で心奪われる事間違い無しです!

また、本堂の北側にある「成就院庭園(じょうじゅいんていえん)」は、11月18日から12月6日までの限定公開で、ライトアップされた約50本のカエデと苔の緑が景観にマッチしていて、妖艶な光景に仕上がっています!

観覧のコツ

清水寺は人気スポットなので例年混雑しています。なので、行けるなら平日のしかも最終受付の1時間前くらいに入ると、比較的ゆっくり鑑賞できると思います!

見頃
11月下旬~12月上旬

ライトアップ日時
11月14日(土)~12月6日(日)
18:00~21:00(最終受付)

料金

大人 400円
子供 200円(小・中学生)

成就院庭園
大人 600円
子供 300円(小・中学生)

アクセスなどの情報は清水寺のWEBサイトをご覧下さい!

② 高台寺(こうだいじ)

高台寺ライトアップ

高台寺は豊臣秀吉とねねの寺として有名な寺ですね。
こちらも見所が多く人気の紅葉スポットです!

特に臥龍池(がりょういけ)に映り込む、ライトアップされた紅葉が幻想的でついつい見惚れてしまう事間違い無しですw

そして、方丈前庭「波心庭」には北の亀島、南の鶴島に配置された石組みが特徴的で、庭を彩る光のアートは見ものです!

また、高台寺のすぐ側にある圓徳院(えんとくいん)では、約100本のカエデと巨岩が配置された風情ある枯山水がライトアップされて、書院の中からゆっくりと紅葉を眺められるのが魅力です!

観覧のコツ

ライトアップの点灯時間後は混雑するので、ここは早めに点灯30分前くらいから待つのがおすすめです!

見頃
11月中旬~12月上旬

ライトアップ日時
10月23日(金)~12月13日(日)
17:00~22:00(21:30最終受付)

料金

大人 600円
子供 250円(中・高生)

アクセスなどの情報は高台寺のWEBサイトをご覧下さい!

③  将軍塚神青龍殿(しょうぐんづかせいりゅうでん)

将軍塚青龍殿ライトアップ

標高約220mに位置する将軍塚神青龍殿。
その高さから、京都の街を一望できる景勝地としても有名です!

大小約1000基の照明器具による芸術的レベルの高い景観照明が、暗闇に浮かび上がる紅葉を浮かび上がらせます!

もちろん京都の美しい夜景も楽しめますので、カップルで行くには最高のデートスポットだと思います!

観覧のコツ

ここは昼と夜の入れ替え制になってますので、入れ替え時は大変混雑するするので少し時間をズラして行かれると良いと思います!

見頃
11月上旬~12月上旬

ライトアップ日時
10月30日(金)~12月6日(日)
17:00~22:00(21:30最終受付)

料金

大人 500円
子供 400円(中高生)    200円(小学生)

アクセスなどの情報は将軍塚神青龍殿のWEBサイトをご覧下さい!

④  総本山 知恩院(ちおんいん)

知恩院ライトアップ

知恩院の黒門も紅葉の名勝として有名で、国宝の三門は木造の門としては日本一の高さとして知られています!

そして、7万3000坪もある境内では東山の華頂山から山内全体まで広範囲で紅葉が観賞できて、特に国宝の三門周辺や宮崎友禅ゆかりの庭園「友禅苑」あたりは見事と言うしか無い程の景観を楽しむ事が出来ます!

また、大鐘楼に行く参道も大変綺麗なのでおすすめです!

鑑賞のコツ

東山の湧き水を引き入れた庭園と枯山水の庭園とで構成された「友禅苑」と、真っ赤に色付いた紅葉のコラボをとにかくゆっくりと楽しんで欲しいと思います!

見頃
11月中旬~12月上旬

ライトアップ日時
11月6日(金)~12月5日(日)
17:30~21:00(最終受付)

料金

大人 800円(高校生以上)
子供 400円(小・中学生)

アクセスなどの情報は総本山 知恩院のWEBサイトをご覧下さい!

⑤  北野天満宮(きたのてんまんぐう)

北野天満宮ライトアップ

「北野の天神さん」の愛称で親しまれる全国天満宮の総本社がここです!

現在、史跡「御土居」(おどい)のもみじ苑が10月に公開されています!「御土居」とは、豊臣秀吉が洛中洛外の境界、また水防のために築いたと言われる土塁の事で、北野天満宮の境内西側にその一部が現存していて史跡に指定されています!

今回、この御土居の公開に合わせてライトアップも行われるので是非見ておきたいですね!

そして、約250本ものモミジやカエデが、朱色の橋とともに浮かび上がる光景は目を奪われるほど事間違いないと思います!

境内周辺にはベンチが点在しているので、座りながらの~んびりと散策するのも良いですし、西側展望台からは暗闇に浮かび上がるヤマモミジも見下ろせます!

観覧のコツ

北野天満宮には樹齢350年~400年のモミジが数本ありますので、それらを見逃さないようにゆっくり歩いて散策してみて下さい!どうやって見分けるかは、明らかに他の木とは違うオーラを放ってるので探してみて下さいw

見頃
11月上旬~12月上旬

ライトアップ日時
11月14日(土)~12月6日(日)
日没~20:00(最終受付)

料金

大人 700円(茶菓子付き)
子供 350円(茶菓子付き)

アクセスなどの情報は、北野天満宮のWEBサイトをご覧下さい!

終わりに

ここで紹介した紅葉スポットが京都では一番おすすめです!
京都の紅葉スポットはわりと密集しているので、短時間に何か所も回れるのが魅力です!

京都で見れる紅葉は11月中旬から12月初旬くらいまでが見ごろなので、行かれる方は是非秋の京都を楽しんで来てください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする