火星でまた謎の生物発見!?NASAの公式画像からカニのような物体が!

ここ最近、火星で写された画像に色んな奇妙な物が写ってると話題になってるようですが実際はどうなんでしょうか?

こういうのは昔からありましたねw

「人面岩」とか有名ですが、あれは画像も荒くどうみてもたまたまそう言う角度で見たら人の顔に見えたと言うレベルでしたが、今はカメラの技術も進歩していて嘘かどうかはすぐに分かりそうなものですから信憑性はあります。

今日はそんな火星に写った奇妙なものについて書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

やっぱり居た!?火星にエイリアン?

まずはこちらの画像を見て下さい。

火星の画像

画像元 NASA

丸で囲まれた場所を拡大すると↓

火星の謎の生物

画像元 NASA

なんと!岩陰に隠れるように、まるで映画エイリアンに出てくるような奇妙な形のカニのような物が写っています。

これは一体なんだ!?

これはどう見ても岩には見えませんし、周りについてる細いのはどうみても生物の足のように見えます。

しかし、これが動画で動いてれば完全に生物だと言えるのでしょうが残念ながら静止画でしか無い以上、生物発見とは言えませんねw

しかし、今まで発見されたものと比べると、ちょっと期待出来るような画像だったんじゃ無いかと思いますw

と言う事で、今までに見つけられた火星の「何か」をもう一度見てみましょう!

信じるか信じないかはあなたしだいな画像

まずはこちら!

火星に写ったオバマ

出典 youtube

岩がオバマ大統領の顔をしていると話題になりましたw

確かにそう言われて見ればオバマ大統領に見えなくは無いですが、出来ればもっと近くで詳しい画像を見たい所ですね・・・・
そして、過去に撮られた人面岩よりはかなり精度は上がってて、ちゃんとリアルな人の顔になってるのが時代を感じますw

でも・・・・・やっぱり人工物では無いかな・・・・

次はこちら↓

出典 youtube

出典 youtube

これも火星に人が写ってたと話題になってましたw

この写真もそう言われれば、見えなくはありませんが静止画だと何とも言えません。人と言えば人だし、岩と言えば岩・・・・・

歩いてる動画なら完全に生物発見!ってなるんですが・・・・・

まぁ、ほぼ岩でしょうねw

あとこんな感じの物もあります↓

出典 youtube

出典 youtube

火星のレーザー銃だそうですw

まぁ、カタチ的には見えなくは無いですね・・・・
実際にレーザーが発射されてる静止画だったら大発見でしたね!

こんなのはどうでしょう↓

出典 youtube

出典 youtube

火星で見つかった古文書だそうですw

これも言われて見たら、本に見えなくは無いですがやはり岩でしょう・・・・
他にも探せばこんな感じの画像がいっぱい出て来ます。

火星人のスナイパーとか、火星のキャンプファイヤーとか宇宙船とか・・・・

とにかく、あれだけ色んなカタチの岩があれば、光の加減しだいで色んなモノに見えてしまうのでしょう。

実際、地球外知的文明を発見する国際的プロジェクト「SETI」のディレクターであるセス・ショスタックさんは、ただの岩をこんな風に見てしまうのはこれは一種の「パレイドリア効果」によるものだと語っています。

「パレイドリア効果」とは、例えば雲の形や壁のしみ、写真に写った木の葉など、ランダムな視覚情報に触れたとき、その中から自分の知っている形を見出そうとしてしまう心理的作用の事を言います。

なので、火星の画像に写ってるさまざまな物体も、ほとんどこの「パレイドリア効果」によるものと思われます。

やはりみんな心のどこかで火星に生物が居て欲しい火星人が見たいと言う期待がただの岩を何らかのカタチとして見てしまうのだと思います。

しかし、今回発見されたカニのような物体については、ただ岩が侵食されて出来たカタチのようには見えないだけに、ひょっとしたら!?と言う期待はありますね。

今後、もっと調査が進めば本当に生きてる物が写されて、世界中に火星で生物発見!と言うニュースが流れる日が来るかも知れません。

今後もNASAの情報には注目しましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする